ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『牛乳プリン』のキャラクターの名前がホモ? 牛乳プリンのシャツを着てたら笑われた……

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
記者が着てたシャツ

昔からある森永乳業の『牛乳プリン』。6月21日には新しい仲間『フルーツ牛乳プリン』も加わりファンにはたまらないだろうが、そんな牛乳プリンのマスコットキャラクターをご存じだろうか? 今は『牛乳プリン』のマスコットキャラクターとしてなじみ深いが、元々はビタミン入りの『森永ホモ牛乳』というびん入り牛乳のキャラクターとして誕生した。そう、このキャラクターの名前は「ホモ」なのだ。

ホモと言えば辞書で調べてもラテン語で「同性愛」の意味として書かれている。しかしこのホモちゃんの意味はまた別の意味があった。「ホモジナイズド(homogenized)」という言葉が語源のようだ。意味としては「均質化された」という意味を持っている。それを当時略したため、ホモちゃんの名前が付けられたのだ。

ホモちゃんの秘密

当時はクリームの浮上を防ぐ「ホモジナイズド牛乳」と言う物が開発され、それが先ほどマスコットキャラクターにもなった『森永ホモ牛乳』だ。そう、クリームの均質化という意味だ。今のホモちゃんは顔だけになってしまったが、当時のホモちゃんは体もあり天気予報にも出演していたとか。このことは森永の公式サイトに全て紹介されているぞ。

体があった?

そんなホモちゃんのシャツを着て山手線に乗っていたら笑われた記者でした。

画像:森永乳業サイトより引用
牛乳プリンとホモちゃんのひみつ

森永 ペプチドミルク E赤ちゃん 大缶820g


森永 ペプチドミルク E赤ちゃん 大缶820g

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。