体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホッチキスだけで取り付ける棚。強度は大丈夫?

ホッチキスだけで取り付ける棚。強度は大丈夫?

壁に棚があったらな、と思うことが多い。でも本格的にやろうとすると面倒だし費用もかかる。そこで知ったのが『壁美人』というホッチキスで取り付ける壁面家具。でも、ホッチキスでどうやって取り付けるの? 耐久性は大丈夫なの? などいろいろと気になったので、実際に取り付けてみた。
準備するのはホッチキスだけ。DIY未経験でも30分で出来た!

今回は出窓の下の壁面を利用して、ウォールボックス(白)とウォールポケット(黒)を取り付けることにした。しかし、DIY経験なし、不器用な筆者でも取り付けられるのか不安だった。

送られてきた商品は固定金具、壁掛けの棚、ステンレス製のホッチキス針セット。作業を始めるうえで自分で準備するものはホッチキス本体だけ、と手軽だ。しかし『壁美人』は石膏ボード専用の金具で、木やコンクリート、土壁などには設置できないので、壁の材質を確かめる必要がある。壁に画鋲やピンなどを刺して抜き取ると先端に白い粉が付くのが石膏ボードだ。

【画像1】準備するものは、ほぼ180度開くタイプのホッチキス。商品に附属された専用フィルムがセットされた固定金具と針(写真撮影:佐藤由紀子)

【画像1】準備するものは、ほぼ180度開くタイプのホッチキス。商品に附属された専用フィルムがセットされた固定金具と針(写真撮影:佐藤由紀子)

石膏ボード壁であることを確認したら、いよいよ作業開始だ。ホッチキスに、通常の針ではなく錆に強く耐久性の高いステンレス製の針をセットする。次に透明な『打ち込みフィルム』がセットされた固定金具を2つ壁面に固定する。この時、商品に附属されている『位置を決める窓』があいた用紙を利用すれば、水平に取り付けることが可能だ。

次に、固定金具の8つの窓それぞれに上下2針ずつ縦に打ち込んでいく。ホッチキスは壁に対して約30度の角度をつけて、『打ち込みフィルム』の上からゆっくり丁寧に針を打ち込むのがコツだ。最初は針がつぶれたり曲がったりして打ち損じたが、その針を抜いて再度打ち込みをやり直すうちに、徐々にコツがつかめてきた。

【画像2】フックを上向きに固定する。片手で金具を押さえながらもう一方の手でホッチキスを横向きにして打ち込む(写真撮影:佐藤由紀子)

【画像2】フックを上向きに固定する。片手で金具を押さえながらもう一方の手でホッチキスを横向きにして打ち込む(写真撮影:佐藤由紀子)

【画像3】金具1つに16本の針を打ち込む。針は多少曲がってもしっかり奥まで針が刺されば問題はなさそうだ(写真撮影:佐藤由紀子)

【画像3】金具1つに16本の針を打ち込む。針は多少曲がってもしっかり奥まで針が刺されば問題はなさそうだ(写真撮影:佐藤由紀子)

【画像4】棚本体の裏面にある2つの掛け金具を、壁に固定した金具のフックに上から引っ掛ければ設置完了(写真撮影:佐藤由紀子)

【画像4】棚本体の裏面にある2つの掛け金具を、壁に固定した金具のフックに上から引っ掛ければ設置完了(写真撮影:佐藤由紀子)

【画像5】設置完了。ウォールポケットには雑誌やリモコンを、右のウォールボックスには仕切り板をはめて食器を収納した(写真撮影:佐藤由紀子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy