体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NICO Touches the Walls、古村大介(Gt)の骨折により大阪城ホール公演が延期に

NICO Touches the Wallsの古村大介(Gt)が手骨を骨折。12月23日(水・祝)に予定されている大阪城ホール公演の延期、さらに12月31日(木)の『COUNTDOWN JAPAN 15/16』への出場をキャンセルすることが発表された。

NICO Touches the Walls (okmusic UP's)

以下、所属マネージメントからのコメントとメンバーからのコメント、公演延期のお知らせ。

【NICO Touches the Walls に関する大切なお知らせ】

「いつも NICO Touches the Walls を応援して頂きありがとうございます。本日 NICO Touches the Walls の所属マネージメントより、古村大介(Gt)骨折に伴うお知らせを発表いたしましたのでご報告させていただきます。皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけする事態となりましたことを心よりお詫び申し上げます。メンバーとスタッフ一丸となってバンドの復帰に専念していこうと思いますので、引き続き今後共お力添えの程よろしくお願い申し上げます」

【NICO Touches the Walls 12月23 日(水・祝) 大阪城ホール公演延期のお知らせ】

「いつも NICO Touches the Walls を応援して頂き、ありがとうございます。皆様に大切なご報告がございます。ギターの古村大介が、制作時にスタジオの扉に右手首を挟まれ、右第 4、5 中手骨を骨折して手術を受けることとなり、担当医師より、演奏が出来る状態に回復するまで 2 ヶ月を要するとの診断を受けました。この状況を受けてメンバー・スタッフと協議を重ねた結果、古村が年内にステージに立つことが難しい状況であると判断し、12 月 23 日(水、祝) の「LIVE SPECIAL 2015“渦と渦~西の渦~”」大阪城ホール公演を延期して開催させていただくことといたしました。

公演を楽しみにお待ちいただいていたファンの皆様及び関係者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げますと共に、この度の公演延期について何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

なお、11 月 25 日(水)「1125/2015 “初と初~東の初~”」下北沢 CLUB251 公演、11 月 25 日(水)「1125/2015 “初と初~西の初~”」梅田 Shangri-La 公演。こちらの公演は、古村を除く、メンバー3 人での出演に変更します。2016 年 1 月 8 日(金)「 LIVE SPECIAL 2016“渦と渦 ~東の渦~”」日本武道館公演。こちらの公演は通常通り 4 人での演奏を予定しております」

【メンバーコメント】
■古村大介
「いつも NICO Touches the Walls を応援してくれている皆様へ

この度自分の手の怪我によって、今年いっぱいまでのステージに立つ事を諦めなくてはならなくなってしまいました。LIVE を楽しみにしてくれていたみんな、ずっと応援してくれているみんな、常に力を尽くしてくれているスタッフ、そしてメンバー三人、本当に多くの人に心配と迷惑をかけてしまった事をお詫びします。少しでも不安を抱えたままステージに立つ事は出来ないと思い、四人で話し合い、チームで話し合い、本当に悩んだ結果、大阪城ホールの延期、1125/2015 の内容の変更、『COUNTDOWN JAPAN 15/16』のキャンセルをさせてもらう事にしました。

今は一刻も早く手を治して、今までの何倍ものパワーと気持ち、それを伝える努力をして皆さんに全力のステージをみせる事を心に誓って日々を過ごそうと思っています。大阪城ホールを楽しみにしてくれていたみんなには半年も先になってしまうけれど、必ず全力のステージをお約束します。どうか待っていてください。

自分と向き合って、またみんなと向き合えるように考えていこうと思います。どうか引き続き NICO Touches the Walls の応援を宜しくお願いします!」

■光村龍哉、坂倉心悟、対馬祥太郎
「僕らも残念な気持ちですが、短い期間の中で何度も 4 人で話し合いを重ねた結果、今まで以上に力を合わせてこの状況を 4 人で乗り越えていくこと以外はあり得ないという結論に至りました。

こと城ホール公演に関しては、今年のツアーでライヴ中に発表した際のあのいつまでも鳴り止まなかった歓声と拍手がやはり未だに僕らの頭の中から離れません。その気持ちに報いる万全の状態をお約束することが今の僕らのすべてです。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。