ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美肌にイイと注目!自家製くるみだれで野菜をたっぷり食べる♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“キレイ”に必要な「オメガ3脂肪酸」が豊富のナッツ

野菜をとらなくちゃ…と、ドレッシングたっぷりのサラダを食べていませんか?
そのドレッシングを自家製「くるみだれ」に替えると、栄養価が大幅にアップします。体にいいと最近注目を浴びているナッツの中でも、特におすすめなのがくるみ。肥満や生活習慣病を防いでくれる「オメガ3脂肪酸」をナッツ類で最も多く含んでいます。さらにビタミン・ミネラルやたんぱく質、食物繊維も含み、低糖質。美肌や便秘解消効果も!

 

野菜がもっと美味しくなる♪「くるみだれ」の作り方

くるみはハンディブレンダーやミルサーがあればあっという間に砕け、あとは家にある調味料を混ぜるだけでコクのあるたれが完成。生野菜・蒸し野菜はもちろん、豆腐や焼いた肉に添えてもいいし、麺つゆで伸ばせば本格的なくるみそばが簡単に!
とにかくおいしくて活躍度が高いので、多めに作ってもあっという間になくなってしまいます。
【材料(2人分・くるみだれは作りやすい分量)】
<くるみだれ>
生むきくるみ 100g
水 70ml
みそ 小さじ2
砂糖 20g
しょうゆ 小さじ2強
酢 小さじ1
なす 3本
れんこん 小1節(100g)
プチトマト 6個
【作り方】
① くるみだれを作る。
ブレンダーやミルサーの専用容器にくるみと水を入れ、ペースト状になるまで砕く。みそ、砂糖、しょうゆ、酢の順に加えてなめらかになるまでブレンドする。
② なすはヘタをとって縦6等分に数センチ切れ目を入れ、ラップに包んで電子レンジ(500W・以下同)で3分加熱する。
③ 粗熱をとったら竹串を使って皮を薄くむき、切れ目から割いて、さらに縦2等分に切る。れんこんは皮をむいて薄切りにし、電子レンジで2分加熱する。
④ なすとれんこん、プチトマトを皿に盛り、くるみだれをたっぷりつけながらいただく。

 

生のくるみを使えば栄養満点♪

くるみだれは冷蔵庫で4~5日保存できます。〝オメガ3脂肪酸〟をピュアな状態でとるために、生のくるみを使うのがコツ。スーパーの製菓材料売り場や自然食品売り場で手に入ります。炒って味つけしてあるものは避けましょう

beautyeditor.jp(調理・文/大塚真里)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP