ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚妊娠発表の中田有紀アナ 産休後は最強のママタレ確実か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、結婚・妊娠を電撃発表した中田有紀アナに祝福を送る。

 * * *
 11月13日、『Oha4 NEWS LIVE』(日本テレビ系)のメインキャスター・中田有紀(42)が今夏、「結婚していた」ことと、「お腹に新しい命を宿しています」と番組で生報告をした。

 よほど緊張していたのか、珍しくカミカミだった中田。まさに今夏、ベテランの豊田順子アナがピンチヒッターをつとめていた回があったので「これは何かある」と踏んでいたら、まさかの結婚&妊娠だった。

 来春出産という「身体のことを考えて」、今年いっぱいで番組を降板することも発表した。

 前身番組の『ニュース朝いち430』(同)のサブキャスターを2002年から、“朝も夜もない”『NNN24』(現・『日テレNEWS24』を担当していたのはその前年なので、実に15年間も“早朝の顔”だった中田有紀。

 フジテレビの中井美穂や放送作家の小山薫堂らを輩出した日芸の放送学科を卒業し、青森放送のアナウンサーになったのは1997年。2001年7月に退社し、セント・フォースに所属してからずっと午前1時30分起きの生活をしているというワケだ。

 以前、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出た中田が、「1日3度の刻み寝で、体調を管理している」というエピソードを話してくれた。『Oha4~』が終わるのは5時50分。反省会などを経て帰宅して、まず寝て、午前中に起きて仕事をして、午後また昼寝をして、夜8時台とか9時台に就寝するというサイクルだったと推測される。

 そんな中田には、特にお笑い芸人ら、多くの男性ファンがついていた。早起きなのではなく、朝、中田の『Oha4~』を見て寝るタレントたちである。

 クールビューティで昭和の香りただよう“ザ・女子アナ”。時折出演するバラエティ番組で「ファンです」と言い寄られても、キャラクターを変えることなくクールなままだった中田。学生時代はバレーボールや硬式テニス、剣道は2段という腕前だそうだ。

 さらに2010年には東京マラソンに個人参加し、初マラソンながら5時間を切るというスポーツウーマンぶりを発揮していた。

 驚くのは、自動二輪免許を取得していて、今年6月、『笑神様は突然に…』(同)の「RGツーリングクラブ」に紅一点として参加。レイザーラモンRG、チュートリアルのふたり、スピードワゴン井戸田潤、インパルス堤下敦らと、房総半島をツーリングするという企画だった。

 カワサキの「エストレヤ」という250CCの愛車にレザースーツ姿でまたがり、男性芸人のツーリングについていった中田に、「この人のプライベートはどうなっているのだろう?」と、ますます興味がわいたものである。

 3回の刻み寝生活を不規則とみるか、逆に規則正しいとみるかは意見が分かれるところだろうが、私は後者だと考えている。

 超早朝とはいえ、平日5曜日にメインキャスターをつとめるレギュラー番組があれば、他にそうガツガツと仕事をしなくても生活は安定する。

 中田は、バイクや各スポーツの趣味以外にも「おさかなマイスターアドバイザー」「二級愛玩動物飼養管理士」の資格をもっている。こうして、人がなかなか取得しないような珍資格を手に入れるのは、30代、40代のフリー女子アナに“ありがち”なこと。規則正しい生活だからこそ通えたり、勉強できたりするもので、ひじょうに納得できる。

 しかし、一方で、サザンオールスターズの熱烈なファンであることを公言する音楽マニアでもあった中田。

 結婚相手が、ロックバンド「アジカン」ことASIAN KUNG-FU GENERATIONのベーシストでありボーカルで中田より4才年下の山田貴洋であると聞き、また納得してしまった。まさに、アラフォーの女性フリーアナの結婚だったからである。

 女子アナの結婚相手というと、野球選手をはじめとするアスリートや人気お笑い芸人が多いように感じるかたは多いと思う。だがそれは在京局で30才前後まで勤め上げた女子アナのそれである。

 地方局の局アナを経てフリーとなり、レギュラー番組から卒業させられないように大切に大切に仕事をしている女子アナたちは、自分の仕事やキャリアが確実に安定するまでは、お教室や通信教育などで変わった資格を取得したり、語学の勉強などをして、中途半端な年齢での“寿退社”は選ばないのである。

 だからこそ、あの山岸舞彩は異例中の異例だったワケだが、局アナ経験がなく、まだ20代の彼女は、“女子アナの一例”とは私は見ていない。

『Oha4~』を「思い入れのある番組」と言い、ラストの日まで精一杯つとめると挨拶をした中田有紀が産休を経て、どんな場に戻ってくるかというと、まずはキャリアを積んだ“ママタレ”として、硬軟どちらの番組からもオファーがあるだろう。

 さらにはコメンテーターのような仕事も来るだろうし、最近また増えつつある企業がらみのイベントの司会は殺到すると思われる。

 どんなときにもクールビューティを貫くも、結婚、出産を機に、“温かみ”も加わった中田有紀。しかも、結婚相手が人気バンドとはいえ「年下のミュージシャン」というところも、女性から「うまいことやった」とは嫉妬されない選択だ。

“超・朝の顔ナンバーワン”のポジションから、稼げる最強のママタレに!

 賢い中田有紀さん、貴女のファンである私は見て寝るのではなく、『Oha4~』と共に起きて、今日も午前中に原稿を書き上げました。どうか、元気な赤ちゃんを!

 ご結婚、おめでとうございます! まずは、『踊る!さんま御殿!!』の“ママタレ大会”で、お待ちしております!!!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
局アナ減らし進むテレビ界 フリーの即戦力確保が喫緊の課題
中田有紀アナに「40代、50代の熟した姿見たい」とラブコール
福田萌と田中みな実 オリラジ挟んで結婚会見でプチバトル?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP