ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内村航平の発言が騒動に 嫁姑バトルでは夫は妻につくべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スコットランドのグラスゴーで開催された体操の世界選手権。37年ぶりに団体で金メダルを獲得した男子日本代表。そのエースの内村航平(26才)は、個人でも2つの金メダルに輝いた。

 そんな内村がスコットランドから帰国後、『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演した際の発言が騒動を巻き起こしている。

 内村の母・周子さんが「いちばん食べたいものはなんですか? 唐揚げとかハンバーグとかカレーライスとかグラタンとか、たくさんありますが、好きなものをなんでもつくってあげたい」とビデオレターで呼びかけたことに対して、内村が「いちばん食べたいもの? そりゃ奥さんの手料理です」とコメントしたのだ。周子さんといえば、おさげ髪がトレードマークで、「息子ラブ」で有名だ。

 これまでも内村家の嫁姑バトルは数々取沙汰されてきた。内村はまさに毅然とした態度で妻びいきをアピールしたわけだ。

 主婦・家族問題評論家の池内ひろ美さんは「息子を子供扱いしてしまった」ということを前提に、内村にこうアドバイスを送る。

「食事に関する部分はスルーして『ここまで育ててくれてありがとう』といったことを言えれば、100点でしたね。それが、母親も恥をかかせず奥さんも困らせない大人の対応です。公然とああ言ってしまうと、母親としてはつらいし、奥さんとしては味方をしてもらえたものの、あとで姑に謝らなくてはならない可能性も出てきます」

 賛否両論が巻き起こっている“内村発言”だが、間違いないのは、嫁姑問題に新たな一石を投じたこと。夫は母にどう向き合い、妻とどう接するべきかを、改めて考えることとなった。作家の亀山早苗さんが指摘する。

「嫁と姑がぶつかった時、その間に入ろうとしない夫はたくさんいます。でも内村さんは真ん中に入ったのが立派です。それに、親には何を言ってもあとからフォローできるけど、嫁にはそれは通用しません。今回も、公の場では“母より妻”と宣言した形になりましたが、お母さんには後で“あれはテレビだったから”とフォローすればいいだけです。それにあの発言は、自分の母親なら気にしないとわかっていてのものでしょう」

 しっかり間に立って、まずは妻の味方をする。それがベストということだろう。池内さんも、嫁姑問題として見たとき、内村のあの発言は正しかったと評価する。

「多少こじれても、修復の機会があるのが親子関係。だから、母親と妻の対立構造になったら、夫は妻に味方するのが正しいといえます。母親側についてしまったら、もともと他人である妻と修復できなくなりますから。もし、内村さんが“妻の料理より母の料理が食べたい”と言ってしまったら、奥さんは“ならば、もう二度と作らない”となるでしょう。でも逆の発言であれば、母親は“生意気になっちゃって”ですませることもできます」

 物議を醸しながらも、きちっと着地をまとめるあたり、さすが世界チャンピオンの面目躍如ということなのか。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新婚の内村航平 母親は「結婚は早すぎる!」と猛反対した
結婚発表の内村航平 妻と元カノの間で悩み五輪でミス連発説
体操・内村航平のブラックサンダー断ちに発売元「残念です」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP