ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

媚びる人に共通する8つの特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

151113_flatter-characteristic

媚びる人は、会社などの組織には、必ずと言っていいほど何人かはいるものです。そんな人に対して、なんとなくモヤモヤした感情を抱いている人も、彼らの特徴を知って上手に受け流したり、付き合ったりする方法を考えてみませんか。

あなたのストレスの原因を少しでも減らせるかもしれませんよ。

1.お世辞を言うのが得意

お世辞

媚びる人は、人とのコミュニケーションにおいて、仲良くなりたい人に対してはお世辞を上手に使います。

相手が喜びそうなポイントを素早く察知し、大げさなリアクションを交えながら、笑顔で褒めたたえることが得意です。

ときには、明らかにお世辞だと分かるような、大胆な物言いをすることも。

褒められた相手は、お世辞とは分かりつつも、自然と表情が緩むようです。

2.基本的に愛嬌よく振る舞う

媚びる人は、好かれたい人の前ではいつも明るく、柔らかい笑顔で愛嬌よく振る舞うもの。

自然な会話のキャッチボールが楽しめるように、相手に合わせて話題をふり、気遣いも欠かしません。

自分が相手にとって居心地のよい相手になれるように、常に相手の表情を伺いながら、楽しい雰囲気づくりができるような工夫をしています。

3.本音と建前を巧みに使い分ける

本音と建前

媚びる人は、親しくなりたい人に対して、意見や行動をできる限り相手に合わせ、本音と建前を上手に使い分けています。

もし、本音をさらけ出すことで、不利な立場に立たされることが想定される場合には、自分の本音を垣間見ることなく相手との距離を縮めるタイミングを伺っています。

気に入ってもらうためには、本心とは裏腹の言動や行動をすることも厭いません。

4.権力を持つ人間に近づく傾向がある

媚びる人は、できる限り大きな権力を持つ人に近づき、自分の目的を達成するための情報を得て、サポートを得られるように働きかけようと試みます。

自分にとってメリットをもたらす人間を見極め、もっとも有効なアプローチを常に思案しています。

5.自分の意見を主張しない

主張しない

媚びる人は、気に入られたいという強い気持ちがあるため、たとえ反対の意見を持っていたとしても、自分の意見を相手にぶつけることはありません。

相手の意見に同調することで、まずは自分のことを信頼してもらおうと考えています。

6.笑顔でごまかす傾向がある

媚びる人は、自分にとって都合が悪い話になると、尋ねられたことに対して答えず、笑顔ではぐらかそうとする傾向が。

相手との口論や争いごとは望まないことをアピールし、物事がなんとか丸くおさまるようにと心の中で強く願っているものです。

7.贈り物を上手に活用する

贈り物

媚びる人は、相手の機嫌をとるために、喜ばれそうな贈り物を送り、サプライズのプレゼントをしたりと、頻繁にアプローチを重ねます。

どんなものが好みかを事前に調査しておき、絶妙のタイミングを狙って贈り物を渡すことで、相手の心証をよくしようと懸命になっています。

8.あいさつとお礼をこまめに行う

媚びる人は、手紙やメールなどを活用して、面会やミーティングのお礼や、節目のあいさつをこまめに行っています。

自分のことを忘れられないように、常に気になる相手とのコンタクトは欠かしません。
前回大変お世話になったことがあれば、そのお礼は日を改めて丁寧におこない、相手へ自らの誠意を表します。

相手によって態度を変えることが多いため、ときには違う人のように感じることがあるかもしれません。特徴や行動パターンをしっかりとおさえて、振り回されることがないように、気を付けていきたいものですね。

関連記事リンク(外部サイト)

不器用な人に共通する8つの特徴
要領がいい人に共通する10の特徴と習慣
人間不信が引き起こす5つの症状と克服方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。