ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私の「紹介して」って嘘っぽい? マジメに取り合ってもらえないワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真剣に「だれか紹介してほしい」と周りに言っても、「じゃあ飲み会企画してあげる」と言ってもらえる女性と、冗談だと思われて本気で取り合ってもらえない女性がいます。
その差は何なのでしょうか。

真剣さが足りない

「私の男友だちがね」や「こないだ一緒に遊んだ男性が」などと話していると、紹介する人からすれば「その人とつきあえばいいのに」と思います。
また、「私が紹介した人と真剣につきあわないかもしれない」と心配になります。
「男に不自由していない」ように見られるので、男友だちの話をひんぱんにするのは避けましょう。
さらに、いつも「紹介して」と言っていると「また言ってる」と印象がよくありません。
口癖のように多用しないように気をつけましょう。

極端すぎる小悪魔系・地味系

やはり仲介役になるなら、紹介するにあたって「いい子だよ」と言いたいものです。
「オススメできる女性」でないと、紹介する人のイメージまで悪くなるので、男性を振り回す素質のある女性や、奔放な小悪魔系ではためらってしまいます。
また、地味で暗いなど、男性がよろこばないタイプも紹介しません。ほどほどがいいのです。

紹介する人がいない

交友関係が広そうな友人でも、フリーの男性が周りにいない場合や、そもそも仲のよい男友達がいない場合があります。
また、「あなたが好きそうなタイプの男性がいない」ということも多いにあり得ます。
冗談でも「イケメンで高収入」などと高い条件を提示しないこと。
高スペックの男性はまず紹介されないし、「理想が高いから紹介できない」と思われたらもったいないです。

簡単な条件も知らせておく

紹介は、同世代の友人ばかりではなく年上の人など、人脈の広い世話好きな人に頼むのが一番いい方法。意外なネットワークを持っていることがあります。
「既婚男性しかいない」友人もいますが、諦めないで。その既婚男性には独身男性の知り合いがいるはず!
まずは「趣味の合う人」や、「年齢は同じくらい」など、どんな男性がいいのかざっくりとした条件を知らせておくと真剣さが出で、気兼ねなく紹介してくれるようになるでしょう。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
今までの人生であなたが出会ってきた人は何人?【今日の言葉】
男性の「ごめん」は深く追求しない……が正解
自動美化は止められない! 昔好きだった人との再会の落とし穴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP