体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仙石原のすすきなど、ドライブで楽しむ箱根の紅葉スポット巡り

仙石原のすすきなど、秋と出逢える箱根の紅葉ドライブコース

秋になると辺り一面を赤く染める紅葉。その美しい光景を見るために、わざわざ遠方まで足を伸ばすという方も少なくないでしょう。紅葉スポットは全国に多数ありますが、その中で今回おすすめしたいのは、箱根でドライブをしながら楽しむ紅葉です。

ここでは、紅葉を楽しめるスポットから、途中で立ち寄っていきたい観光スポットなどをご紹介します!

芦ノ湖スカイライン

五感を心地よくほどいてくれる、爽快な秋のドライブコース

芦ノ湖スカイライン
富士山のこの近さ! 名峰を眺めながらのドライブは、最高芦ノ湖スカイライン
紅く色付いた箱根の景色には、心奪われます

芦ノ湖スカイラインは、静岡県と神奈川県にまたがる全長10.7キロにも及ぶワインディングロード(曲がりくねった道)です。芦ノ湖を東に眺めながら自然の中を爽快に走ることができる絶好のスポットとして、ツーリングやドライブを楽しむ人たちの姿も数多く見られます。

緑に囲まれた道路を走っていると、富士山や芦ノ湖をはじめ、数々の絶景を望むことができます。また、路面を走行すると、地面からお馴染の音楽が流れてくるというメロディペーブ(メロディーロード)ゾーンもあり、よりドライブを楽しめるでしょう。

ちなみに、流れる音楽には、「富士の山(童謡/作詞・巌谷小波)」の他に、2015年の新作として、人気アニメのテーマソングも採用されています。湖尻料金所から箱根峠料金所に向かう途上で流れますので、ぜひとも、タイヤとエンジンの響きとともに、このメロディーにも耳を傾けてみましょう。

さらに、この芦ノ湖スカイラインでは、シーズン中にはヘリコプターでの遊覧飛行も行われており、上空から周辺の景色を堪能することもできるんです。

そんな芦ノ湖スカイラインですが、秋になると紅葉が色づき始め、春や夏とはまた違った一面を見せてくれます。すぐ近くに見える富士山をバックに、紅葉を眺められるのが箱根ならではの魅力です。この美しい景気を堪能しながら、行楽シーズンのドライブを楽しみましょう。 芦ノ湖スカイライン
TEL/0460-83-6361(芦ノ湖スカイライン管理事務所)
住所/神奈川県足柄下郡箱根町箱根638
アクセス/東名御殿場から:国道138号、箱根スカイラインを通って箱根へ 東名厚木JTCから:小田原厚木道路、箱根新道またはターンパイクを通って箱根へ 三島市、沼津市から:国道1号線を上って箱根へ
営業時間/一般区間:7:00~19:00 特別区間:終日
料金/一般区間:普通車620円 特別区間:100円 ※19:00~翌7:00までは無料
「芦ノ湖スカイライン」の詳細はこちら

仙石原高原

その美しさ、まるで、金色の野に降り立ったかのよう

仙石原高原
仙石原高原 秋の仙石原高原には、フォトジェニックなスポットがいっぱいです

仙石原高原は、その名の通り、ススキが辺り一面に広がるスポットです。

8月には青々としたススキが草原のように広がり、空とのコントラストを楽しめます。そして、9月になると徐々に黄金色へと変わっていき、11月になると、「まるで絨毯を敷き詰めたかのよう」と評されるように、黄金色のススキが道路脇を埋め尽くします。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。