体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

信州・長野でりんご狩り!季節の旬体験スポット4

秋の信州・長野でりんご狩り!おすすめの体験スポット4つ大紹介

家族やカップル、友人同士などで行うと楽しいりんご狩り。自分で採ったものをそのまま持ち帰って食べられるというのは、嬉しいものですよね。

りんごの収穫量が青森県に次いで2位という多さを誇る長野県には、そんなりんご狩りを楽しめる施設・農園がたくさんあります。ここでは、長野県のおすすめりんご狩りスポットを4つご紹介します。

りんご狩りができる農園は、施設によって特徴が異なり、無制限食べ放題だったり、扱っている品種が違ったり、あるいはりんご以外の果物も扱っていたりと多種多様です。何を一番の目的にするか相談しながら、これだ!と思うところに足を運んでみましょう!

1.松井農園

信州・浅間山の麓に広がる農園で、旬のりんご狩りを楽しもう!

松井農園
標高1000メートルの美しい農園で、りんごのトンネルの下を心地よくお散歩 松井農園 低農薬・有機栽培で育てられた松井農園のりんごからは、健やかな蜜の香りが漂います

松井農園は、バーベキューやブルーベリー狩り、釣り、花摘みなどもできる、自然に囲まれたスポットです。農園の中は、春夏秋冬に合わせて色とりどりに変化していきます。

春にはりんごの花が満開に咲きみだれ、摘花がせわしなく行われます。夏には、ブルーベリーとりんごが収穫できるようになり、りんご狩りをする人などで園内は賑わいを見せます。この時期は、バーベキューや釣りなどをするのにも最適です。秋になるとりんごがベストシーズンを迎え、赤く色づいた、甘くて美味しいりんごが採れるようになります。

松井農園では複数の品種のりんごを扱っており、それぞれ食べごろの時期が変わってきます。たとえば、「シナノレッド」は8月中旬から下旬にかけて、「あかね」や「さんさ」、「つがる」などは8月下旬から10月上旬にかけて、そして「紅玉」や「秋映」、「シナノドルチェ」「新世界」などは9月中旬から11月中旬頃が食べごろです。好きな品種のりんごがある方は、このスケジュールも合わせて把握しておきましょう。

入園料は食べ放題付きで、小学生以上が600円、3~5歳は500円、3歳未満は無料と、とってもリーズナブル。また、20名様以上の団体でのご利用の場合には、高校生以上が100円引き、幼稚園(保育園)~中学生までは150円引きにて入園できます。採ったりんごは、指定の料金を支払うことで、いくつでもお持ち帰り可能となっていますので、たくさん収穫して、お家でもおいしくいただきましょう。 松井農園
TEL/0267-22-0881
住所/長野県小諸市松井甲4385
営業時間/9:00~17:00(季節により変動あり)
「松井農園」の詳細はこちら

2.小林農園

ゆっくりとりんご狩りを楽しめる、秋の味覚狩りスポット

小林農園
信州の豊かな自然に育まれ、こんなに赤々と育ちました小林農園
時間無制限なので時間を気にせず1日中ゆったりと過ごせます

長野県の小布施町に所在する小林農園は、秋の味覚である栗やりんごを収穫できる農園です。栗拾いは9月中旬から10月中旬にかけて行われ、りんご狩りは9月下旬から11月下旬までの間に旬を迎えます。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会