体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ちょっといいもの”が超お得に買えるのはなぜ? その舞台裏と賢い活用術を中の人に聞いてみた

KDDIと、お得に贅沢体験ができるプレミアムチケットのタイムセールサイト「LUXA(ルクサ)」が連携して誕生した新サービス「au WALLET Market powered by LUXA」。両社が手を組んだことで、今まで以上にユーザーを満足させる新企画が生まれつつあるようだ。その商品へのこだわりや賢い使いこなし術、そして連携に至った経緯や将来の展望(野望!?)まで、新サービスの全貌に迫った。

商品の選択力


「au WALLET Market powered by LUXA」のトップページ

レストランのディナーや有名旅館の宿泊、エンターテイメントのチケットにコスメから家電製品まで、主に高級ラインの商品を最大90%オフで提供している「au WALLET Market powered by LUXA」。気になるのは「LUXA」との商品構成の違いだが、7〜8割は同じ商品、残りの2〜3割は「au WALLET Market powered by LUXA」限定の商品を取り扱っているそう。なかでも、特に人気の高い2カテゴリー「レストラン」と「コスメ」のバイヤーに話を伺った。


株式会社ルクサ 飲食ユニット プロモーションコンサルタント 武裕悟さん

レストランを担当する、飲食ユニットプロモーションコンサルタントの武裕悟さんは、「おいしいお店を紹介するのはもちろんですが、検索のしやすさや情報提供の仕方にもこだわりがあるんです」と語る。たとえば、同日に掲載するレストラン情報については、地域や業態、シーンなどを重複させない。「赤坂・イタリアン・普段使い」というレストランを掲載したら、「赤坂」「イタリアン」「普段使い」に関連するお店情報は避け、「銀座・中華・高級」レストランの情報を並べるという具合だ。「通常の検索サイトで『港区・イタリアン』と入力すると、似たお店が何百軒ものお店が出てきて、いいお店やお得な情報があっても探し出せませんよね。なので、『この地域ならここ』『そのシーンならあそこ』と厳選した一軒を提供しています。すると、ユーザーはお店を選択しやすい。そうした探しやすさも重要視しています」と武さん。

では、肝心の”おいしいお店”の見つけ方とは? 「勘とセンス、それに人脈です。たとえば私は、フレンチのシェフに知り合いが多いのですが、フレンチ業界はシェフ同士のつながりが強いので新しいお店を紹介していただくことも多いです。また、一流のシェフになるほど垣根を越えた人脈があるので、和食のおいしいお店を紹介していただくこともあったりしてありがたい限りですね。さらに、シェフのSNSでコメントやつぶやきを見て、情報をフィルタリングしたりもしています」

日本に1軒しかないレストランもお得に!

まだ日本に1軒しかない、スウェーデン料理専門店も、そうして足で稼いだ情報から見つけ出したそう。

「スウェーデンでは、さまざまな温かい料理と冷たい料理を並べて、ビュッフェ形式で楽しむ『スモーガスボード』という伝統的スタイルがあります。それが食べられるお店は、日本ではここしかありません。店の端から端までずらりと料理が並ぶ様には圧倒されましたし、迷いながら料理を選ぶのも楽しかったです(笑)。こうしたレアなお店を探し当てたたときは本当に嬉しいですし、私が感じた未体験のサプライズの楽しさを、『au WALLET Market powered by LUXA』を通じて提供していきたいですね」

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。