体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

前髪がもっと可愛く♪“おろし流し系”前髪スタイリングの極意

前髪がうまく作れない方必見!スタイリングのポイントとは

前髪がうまく作れない方必見!スタイリングのポイントとは

今回は、先日の前髪コラムを読んでサロンに来てくださったお客様のご意見を生かしつつ、プラスでお伝えしたい前髪カット後のスタイリングのポイントをお伝えします♪
前回コラムと合わせて参考にしてみて下さいね。
もちろん、前髪のスタイリングで「上手く巻けないなぁ~」なんて思っている方、皆さまに少しでも参考になればと思います♪
このモデルさんの前髪のように、目にかかるところが流れて、目尻にかけて少し長さが出ている、いわゆる“おろし流し系”の前髪の方にオススメです。

 

“おろし流し系”の前髪の作り方

“おろし流し系”の前髪の作り方

では、今回はイラストで♪
まずは今回向かって左から右に流れるように巻く方法をご紹介いたします。
さきほどの“おろし流し系”前髪は基本的に①のイラストのように、ピンクのメインバングとブルーのセカンドバングに分かれていることが多いんです。
少しこれを覚えていてくださいネ♪
②まずは前髪を全部つかみます。
③流したい方向と逆の目の上で内巻きにします。
今回は向かって左から右方向に巻きたいので、向かって左の目の上に集める感じです。
サラッと軽く2~3秒でスルーするように丸めます。ワンカールもいらないくらいです。
④するとこんな感じで目尻にかかるセカンドバングの部分に自然な丸みが付きます。
ここはやり過ぎ注意です。

 

巻き方のコツをGETして、いつも素敵な前髪に♪

巻き方のコツをGETして、いつも素敵な前髪に♪

⑤まとめて巻くと、少し短いので巻きがまだついてないメインバングです。
⑥同じように流したい方と逆の目の上に集めて内巻きにします。
メインバングは少ししっかり目にワンカール~5秒くらいが目安です。
そして、少しコームなどでほぐして、流したい方に梳かしてもらえればOK!
イラストなので雰囲気が伝わりにくいのですが。
⑦before
⑧after
いい感じの“おろし流し”のスタイルを楽しんでくださいね♪

松井愛士(release SEMBA)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。