ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画で見る名画の数々! ナチスに奪われた名画を巡る実話が公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


あちこちで紅葉が始まり、秋が深まってきた中、“芸術の秋”にふさわしい名画にまつわる実話映画が、11月中に2本公開となります。

1本目は、ジョージ・クルーニーが主演・製作・脚本・監督を手がけ、“美術品救出”プロジェクトに挑む男たちの実話を描いた『ミケランジェロ・プロジェクト』(公開中)。

もう1本が、クリムトの名画をめぐる感動の実話を描いた映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』(11月27日公開)です。

この2作品には共通点があり、それは「ナチスに奪われた名画を巡る実話」ということ。第二次世界大戦下、ナチス・ドイツ軍によってヨーロッパ各国の美術品が大量に強奪。ヒトラーは画家志望だったが、才能に乏しく挫折。しかし、美術に対する情熱は相当で、故郷のオーストリアに世界最大級の総合美術館を作る野望を持ち、世界中から美術品を略奪するという行為に至った……というわけです。


『ミケランジェロ・プロジェクト』は、第二次世界大戦の真っただ中の話で、戦闘経験ゼロの特殊部隊「モニュメンツ・メン」がヨーロッパ各地の戦場へ飛び、自力で美術品を次々と取り戻していくさまを描いた作品。レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」、ヤン・ファン・エイク「ヘントの祭壇画」、ロダン「ダヴィデ」、ミケランジェロ「ブルージュの聖母子像」、レンブラント、ピカソ、マチス…映画の中で数々の名画が登場。


一方、『黄金のアデーレ 名画の帰還』の舞台は、1998年。82歳の女性が、ナチスに奪われたクリムトが描いた伯母の肖像画返還を求め、略奪から30年後、大切な家族を取り戻すべく国を訴えた真実の物語。19世紀の美術界で一世を風靡し、「接吻」などの代表作を残した画家グスタフ・クリムトが1907年に描いた傑作「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I」が登場。世界で最も高価な絵画TOP10に入り、黄金色を多用した豪華で装飾的な肖像画がスクリーンを彩ります。

名画に秘められた真実の実話は、ぜひ大スクリーンで。

『ミケランジェロ・プロジェクト』大ヒット上映中
(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『黄金のアデーレ 名画の帰還』11月27日公開
(C)THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP