体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遅刻癖がある人に共通する12の特徴

Late Man In Bed

一度遅刻癖がついてしまうと、なかなか改善することが難しくなりがちかも。そもそも、なぜ遅刻が常習化してしまっているのでしょうか。そこには、様々な理由があるかもしれません。

その原因を解明するためにも、遅刻癖がある人に共通する12の特徴を参考にしてみては?

1.逆にせっかちなので遅れてる?

待ち合わせ

遅刻癖のある人は、変にせっかちなところもありますよね。大急ぎでいろいろな物事に取り組んでいるので、時間ピッタリに到着しようとして結局いつも間に合ってないなんてことも。

たまにはゆったり待つ余白を持つことで見えてくる景色もあるかもしれませんよ。

2.待っている時間が無駄だと思っている

待つ時間がもったいない、待っている時間が非効率的だ、と考えている場合も。ですが、発想を転換すれば時間を有効に使えるかもしれません。

今後の計画を立てるもよし、新しいアプリを触ってみるもよし。短い時間を効率的に使う方法を考えるだけでも有意義ですよね。

3.計画の立て方がおおざっぱ

計画を立てる

遅刻癖のある人は、計画の立てかたが大味な人にも多いようです。

本来、不測の事態など小さな可能性にも配慮するべきところを、ぴっちりと計画立てしてしまっていませんか?

人生においては思わぬことが起こることもあります。カレンダーの隙間を埋めることと細かな配慮のあるスケジューリングとでは、時間を守れる可能性にも差が生まれてしまうかもしれません。

4.目先のことを先にやりがち

予定していたことよりも、目先のことに目が行ってしまうと時間が足りなくなってしまいますよね。たとえば、ちょっと汚れているから掃除をしようとか、今、この場で欲しいものを買っておこうとか。

予定になかったことをしてしまうと、みるみるうちに時間がなくなっていってしまいます。

5.身支度の時間などを考えていない

準備

遅刻が常習的になっている場合は、計画そのものは立てていても、その準備にかかる時間を考慮していない可能性も。

予定外の準備が当日に加わることで、結局遅刻してしまうことにもつながりますよね。どんな流れになるのか何度も確認する癖をつけるといいかも。

6.全てがスムーズにいくと
楽観視ししすぎている

全て自分の思い通りに進む。そんな甘い考えが遅刻に繋がってしまうのかもしれません。リスクを想定できていないと何か起こったときに慌てふためいてしまうこともありますよね。

7.時間を守ろうと思ってない

時間

遅刻癖がある人は、時間に対する認識が違うのかも。それほどシビアに考えていない可能性があります。会う人や場面によって時間に対する価値観はバラバラなもの。軽く考えているといつか痛い目を見ることも…。

8.掃除や片付けが苦手

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会