ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本場ドイツで食べたい地方の名物料理と人気ドイツ料理10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Keita「オクトーバーフェスト参戦!

TRiPORTライターのさとりんです。
海外旅行にせっかく行くなら、本場の地元料理を味わいたいはず。
ドイツ料理と言えば、ソーセージを思い浮かべると思います。もちろん、ドイツのソーセージはおいしいですが、それ以外にもおいしい地元料理があるんですよ。
今回は、そんなドイツの地方の名物料理とドイツで人気の料理、そして、ドイツにある地元の料理を味えるおすすめのレストランをご紹介したいと思います

ドイツ料理とは

Photo credit: Keita「オクトーバーフェスト参戦!

ドイツの名物と言えば、ビールとソーセージです。ドイツ料理は食材をはじめ、基本のレシピも簡単でとってもシンプルです。
暖かく食材に恵まれたイタリア料理やフランス料理は、何種類もの食材を使って色鮮やかなものが多いですが、ドイツ料理は色合いにしろ、使う食材にしてもとても素朴です。
国土的に食材が不足しがちであったドイツでは、メインディッシュに使う食材は単品である場合が多いのです。しかし、そこは付け合わせでカバー。付け合せの定番は、ジャガイモや、酸味のきいたキャベツのお漬物であるザワークラウト。
ジャガイモの付け合せも種類は豊富で、まるごとホイル焼きにしたり、塩茹でにしたり、スライスしてローストしたり、マッシュポテトに小麦粉を練り合わせたニョッキの様なモチモチ食感のお団子だったりします。
それ以外にも、パンを一緒に出されることも多く、ライ麦や全粒粉を使った栄養豊富なパンが出されます。こういったドイツパンは300種類以上あり、日本でもファンが多いです。
メイン料理は、厳しい冬を越すため、スタミナ満点の肉料理が中心です。肉の塊をそのままローストしたり、ソースに絡めたりするメニューがたくさんあります。特に作法もないので、ワイルドなお食事を豪快に頂きましょう。
北ドイツ地方では海があるため、シーフードのメイン料理も楽しめます。それ以外の地域では、川魚のマスやコイなどの魚料理になります。
ドイツ料理はボリュームが多いので、注文時には気を付けましょう。

ドイツの名物ソーセージ

Photo credit: Wei-Te Wong via flickr cc

ドイツ語でソーセージは「ヴルスト(Wurst)」。
ソーセージ作りはドイツの歴史を持ち、中世のレシピを受け継ぐ伝統の味です。そのため、ソーセージの盛り合わせは、ドイツ料理の人気メニューのひとつです。
ドイツでは数百の地域で、加工方法や大きさが異なる1500種類以上のソーセージがあります。
一般的には豚、牛、鳥、羊、ラム、鹿の腸詰で、最も有名で人気のソーセージは挽肉とスパイスで作った「ブラートガルスト」、豚肉か牛肉を燻製にして冷水で調理した「ヴィーナー」、そして、主に豚肉やガチョウの血液で作る「ブルートヴルスト」や「シュヴァルツヴルスト」です。
ソーセージには茹でるタイプと焼くタイプのものがあり、主に茹でるソーセージはレストランやカフェで提供され、焼くソーセージは屋台などで気軽に食べる感じです。

ドイツの地方の名物料理

ドイツ南東部 ミュンヘンとバイエルン地方の料理

バイエルン南部・ミュンヘンの名物

Photo credit: QSC AG via flickr cc

バイエルン南部の名物は「ヴァイスヴルスト」という白ソーセージ。白ソーセージは19世紀に誕生しました。仔牛と豚肉に玉ねぎと風味づけのためのパセリやレモン、カルダモンを詰めたソーセージで、茹でて食べます。
ジューシーなのにさっぱりとしていて、優しい味わいです。この白ソーセージは傷みやすく、冷蔵保存ができないため、出来立てを朝食時に甘いマスタードをつけて、ブレーツェルというパンと一緒に食べるのが伝統的。
そして、白ソーセージと共に人気なのが「レーバケーゼ」。レバーのチーズという意味ですが、レバーもチーズも入っていません。合い挽肉とベーコンと玉ねぎなどを混ぜ合わせて、型に入れオーブンで焼いたドイツ風のミートローフです。レーバーケーゼは南ドイツを中心に各地でもよく食べられています。

バイエルン北部の名物は「レープクーヘン」。レープクーヘンは、クリスマスの焼き菓子です。蜂蜜やシナモンなどがたっぷりと使用されていて、スパイスの香りいっぱいの、大きくてかわいいふんわりとしたクッキーです。

アルゴイ地方はチーズの産地

Photo credit: Hideo Shirakigawa「僕とウサ男とビートルズ in Hamburg

特に有名なのは「エンメンタールチーズ」と「ベルクケーゼ」。どちらも固くて少しクセがあるのが特徴です。エンメンタールチーズは、スイスの製法を受け継いで作られたチーズで、「チーズの王様」とも呼ばれ、香ばしく独特の香りのチーズです。ベルクケーゼは、日本人の舌にもなじみやすいマイルドな味わいです。
これらのチーズは、ビールやドイツパンとの相性が最高ですよ。

ドイツ南西部 シュヴァーベン地方の料理

シュヴァーベン地方西部・生ハム

Photo credit: Jeremy Keith via flickr cc

シュヴァーベン地方の西部に広がる森は、シュヴァルツヴァルトと呼ばれ、その森にちなんだ「シュヴァルツヴェルダーシンケン」という生ハムが有名です。このハムはヨーロッパの燻製ハムのベストセラーでもあります。
塩漬けにした豚のモモ肉をニンニク、コリアンダー、コショウ、ハーブなどで味づけして、何週間か十分にスモークして作ったハムです。はっきりとした味が特徴。

ベルリンとドイツ東部の料理

東ドイツ北部・ベルリンの名物料理

Kanae Hoshi「Deutschland/Koeln(ケルン)

ベルリンの伝統料理で人気なのは「ケーニヒスベルガークロプセ」。訳すと、ケーニヒスベルク風の肉団子という意味で、茹でた肉団子をレモン果汁とケッパーで味付けして、ホワイトソースで煮込んだ料理です。
他にもベルリン発祥の「カリーヴルスト」が有名です。焼いたソーセージにケチャップとカレー粉をまぶしただけのシンプルな料理ですが、根強い人気のメニューです。このカリーヴルストは、軽食スタンドで売られていることが多く、注文するとフライドポテトがついてきます。この地域の庶民の味になっています。

東ドイツ南部・お菓子

Photo credit: Whitney via flickr cc

古都ドレスデンの名物はクリスマスケーキの「シュトレン」です。クリスマスを待つアドベント期間中に少しずつ食べていく習慣があります。シュトレンは見た目は地味ですが、中はドライフルーツやナッツがぎっしりと詰まっていて豪華です。ケーキの上にしっかりと粉砂糖がまぶしてあるのも特徴です。
日本でお馴染みの「バームクーヘン」も、200年以上前にこの地域で生まれたとされています。日本のバームクーヘンと少し異なり、本場ドイツのバームクーヘンは背丈が高く、内側の年輪だけでなく、外側も木っぽさを演出するために波打っていて、チョコレートなどで、コーティングされたものが多いです。

ドイツ西部とライン川流域の料理

ケルンの名物料理

Photo credit: Jessica Spengler via flickr cc

ケルンあたりの地域の自慢の郷土料理は「ライン風ザワーブラーテン」です。ドイツの国民食のひとつとも言われています。ザワーは酸っぱい、ブラーテンはロースト肉という意味です。主に馬肉を使うのが伝統的ですが、ドイツ料理で馬肉を使うのはとっても珍しいことなんですよ。
馬肉のブロック肉を蒸し、数時間酢漬けにして肉の臭みをとり、肉を柔らかくします。そして、果汁やワインを使用した甘めのソースやグレイビーソースなどをつけて食べる料理です。
牛肉を代用する場合もありますが、伝統的な味を楽しみたい方はメニュー表をチェックしてください。馬肉使用の場合は「vom Pford」と表記がありますよ。

フランクフルトの名物料理

Photo credit: Ben Sutherland via flickr cc

日本でもなじみのあるフランクフルトソーセージの生まれたところで、名物料理は「フランクフルター」。フランクフルトソーセージとは長さが20㎜以上、36㎜以下の長い茹でソーセージのことを指します。
スモークしてあり、ツヤとハリがある豚肉のソーセージ。是非本場ドイツで、パリッとした皮から溢れ出てくるジューシーな肉汁を楽しんでみて下さい。

北ドイツ・ハンブルクの名物料理

ハンブルクの名物料理

Photo credit: Katrin Gilger via flickr cc

ハンブルクはハンバーグの故郷とも言われていて、ハンバーグの元祖と考えられているのが「フリカデレ」というハンブルク生まれの料理。挽肉に卵と生の玉ねぎとフラットブレッドを混ぜて、丸めて焼いたものです。ハンバーグよりも肉厚でふんわりとしていて、肉汁もたっぷりです。
ドイツのどこでも食べれるポピュラーな料理で、パンにはさんで食べたり、トマトソースやデミグラスソースや玉ねぎソースで煮込んだりもしますが、シンプルに塩コショウで食べるのが一般的です。
また、北ドイツの定番の魚料理と言えば「フィンケンヴェルダーショレ」。フィンケンヴェルダーはハンブルク郊外の地名で、この街が発祥地です。そして、ショレはカレイのことで、カレイをソテーしたものにベーコンをたっぷりとかけた料理です。淡白なカレイの味に塩味がきいたベーコンがいいアクセントになっています。

おすすめの代表的なドイツ料理10選

1. フラムクーヘン(Flammkuchen)

Photo credit: Simon Samtleben via flickr cc

小麦粉の薄い生地に野菜やハム、サワークリームを乗せて焼くピザの様な料理です。チーズを使用してないので、ピザよりもヘルシーで優しい味です。生地もパリッとしていて香ばしくて、とてもおいしいです。子供から大人まで幅広く愛されています。特に、レストランでビールのつまみとして人気があります。

2. アイスバイン(Eisbein)

Photo credit: Joselu Blanco via flickr cc

ベルリンの伝統の家庭料理です。Eisはドイツ語で氷という意味ですが、これはこの料理に使う岩塩が氷のようだから。その岩塩で塩漬けした骨付きの豚のスネ肉を、玉ねぎやセロリなどの香味野菜とクローブなどと共に柔らかくなるまで数時間煮込んだ料理がアイスバインです。
シンプルであるが故に、煮込み具合によっておいしさが変わってきます。
ずっしり感満載の見た目で、脂も多そうだと思いがちですが、長時間煮込むため、余分な脂は溶けて、意外と食べやすいです。
付け合せにはザワークラウトやジャガイモで、マスタードをつけて食べるのが一般的です。

3. シュバイネハクセ(Schweinshaxe)

Photo credit: Kent Wang via flickr cc

バイエルンの定番料理で、豚肉をローストしたものです。お皿の上に、ドーンと大きな骨付きのお肉の塊が乗った豪快な見た目。お店によっては、お肉にナイフを突き刺して提供するところもあります。
この料理は、骨が付いたままの豚のスネ肉を皮がパリパリになるまでローストして、ジューシーに焼き上げた料理です。とても香ばしくておいしいんですよ。マスタードやホースラディッシュ、唐辛子が添えられていることが多いです。
この料理は、アイスバインと見た目も似ていて、同じく一度塩漬けにしますが、お肉の部位やソース、作り方も違うので、まったく違った料理になっています。

4. マウルタッシェン(Maultasche)

Photo by: FloSch[CC BY-SA 3.0] via wikimedia commons

パスタ料理が有名なシュヴァーベンで、最も有名な郷土料理が「マウルタッシェン」。
小麦粉でできたパスタ生地に、玉ねぎやホウレンソウ、挽肉、ハムなどの具を詰めて、パセリやナツメグで香りを加えた料理です。餃子やラビオリのような料理で、スープやたっぷりのソースに浸してあることが多いです。一皿に2~4つぐらいだけなので、がっつり系が苦手な方や、小食の方にもおすすめですよ。

5. アールズッペ (Aalsuppe)

Photo credit: ilf_ via flickr cc

ウナギのスープという意味の「アールズッペ」は、ハンブルクの名物料理のひとつです。ウナギと一緒に野菜や肉などを一緒に煮込んだ、少し酸味のあるスープです。一見、色が濃く味が強そうなイメージですが、口に入れると見た目とは違いマイルドな味です。

6. ニュルンベルクソーセージ(Nürnberger Rostbratwurst)

Photo credit: Dirk Vorderstraße via flickr cc

ドイツはソーセージで有名ですが、その中でもひと際人気が高いのが、このニュルンベルクソーセージです。黒っぽくて、長さは7~9cmと小型の焼きソーセージで、薪で焼くのが特徴です。
豚肉を羊の腸に詰めて、マジョラムという香辛料で味付けしています。旨味が凝縮され、肉汁はたっぷりで口の中に広がるハーブの香りがたまりません。
付け合せはザワークラウトやパンで、お祭りの時には、パンにサンドしたカジュアルなものも売られています。

7. シュパンフェルケル(Spanferkel)

Photo credit: Seph Swain via flickr cc

南ドイツの伝統ある肉料理です。使用するのは離乳前の仔豚で、シュパンフェルケルというのは仔豚の丸焼きという意味でもあります。ちなみに「くまのプーさん」にでてくるピグレットはドイツ語で「フェルケル」らしいですよ。
しかし、出てくる料理は丸焼きではなく、カットされたお肉です。パリパリとした歯ごたえのある皮で、お肉の身は柔らかく、ソースが染みてとってもおいしい料理です。

8. シュニッツェル(Schnitzel)

Photo credit: Jeremy Keith via flickr cc

ドイツ風のカツレツです。イスラエルなどでも盛んに食べられていて、基本的には仔牛もしくは豚肉を使用するのが一般的です。
日本のカツレツよりも細かいパン粉を使用し、たっぷりとパン粉をつけ、溶き卵にくぐらせ、やや多めのバターかラードで揚げ焼きにしたものです。カットレモンが添えられているので、たっぷりとレモンを絞って食べます。揚げ焼きにしたカツですが、レモンが効いてさっぱりとした味に仕上がります。

9. カートッフェルズッペ(Kartoffelsuppe)

Photo credit: Katrin Gilger via flickr cc

ドイツの全地域でお馴染みのジャガイモのスープです。見た目は素朴でシチューのような感じ。スープには、ジャガイモ以外にも玉ねぎやベーコンなどが入っています。トロッとしながらもさっぱりとしていて、深みのある味です。ベルリンの地域ではここに牛のランプ肉が入ったりもします。
ドイツのスープはとても量が多いのが特徴なので、前菜にスープをと思って頼むと、スープだけでお腹いっぱいになってしまうので、オーダー前にはサイズの確認をしましょう。パンと一緒に頼めば、メインがなくても十分満足できますよ。
特に寒い冬の時期にドイツに訪れる方には、是非食べてもらいたい料理です。

10. シュパーゲル(Spargel)

Photo credit: Katrin Gilger via flickr cc

シュパーゲルはホワイトアスパラガスのこと。
ハイデンベルク近郊にある、シュヴェッツィンザンという町は、ドイツ最高級のホワイトアスパラの産地で、17世紀には、ここでホワイトアスパラガスの栽培が始まったとされる歴史ある名産地です。ここのホワイトアスパラガスは、形がまっすぐに伸び、味も濃厚です。
冬が長いドイツでは、ホワイトアスパラガスを楽しめる期間が、4月中旬から6月24日までと短く、ドイツに住む人々は、ホワイトアスパラガスを市場などで見つけると春の訪れを感じるそうです。
ホワイトアスパラはクリームスープにしたり、卵黄とレモン果汁、バターで作ったオランデーズソースや溶かしバターをかけて食べることが多いです。

地元料理が食べられるドイツのおすすめレストラン・バー一覧

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-yw4l{vertical-align:top}

ベルリン
■リンデンブロイ/Lindenbrau
住所:Bellevuestraße 3, 10785 Berlin,ドイツ
電話番号:030-25751280
営業時間:11:30~1:30(金・土曜は~2:30)
ウェブページ:http://www.linden-hopfinger-braeu.de/

ファスベンダー&ラウシュ/Fassbender & Rausch
Charlottenstrasse 60 10117 Berlin,ドイツ
営業時間:月~土 10:00~20:00(2階は11:00~)、日 11:00~20:00
電話番号:080-0030-1918
ウェブページ:https://fassbender-rausch.de/#_=_

ハンブルク
■オールド・コマーシャル・ルーム/Old Commercial Room
住所:Englische Planke 10 20459 Hamburg,ドイツ
電話番号:040-366319
営業時間:12:00~23:30
ウェブページ:http://www.oldcommercialroom.de/

■フィレ・オブ・ソウル/Fillet of Soul
住所:Deichtorstrasse 2, 20095 Hamburg,ドイツ
電話番号:040-70705800
営業時間:月 11:00~15:00、火~土 11:00~24:00、日 11:00~18:00
ウェブページ:http://www.fillet-of-soul.de/

ミュンヘン
ホフブロイハウス/Hofbrauhaus
住所:Platzl 9, 80331 Muenchen ,ドイツ
電話番号:089-29013610
営業時間:9:00~23:00
定休日:なし
ウェブページ:http://www.hofbraeuhaus.de/

■ラーツケラー・ミュンヘン/Ratskeller Munchen
住所:Marienplatz 8, 80331 Munich, Bavaria,ドイツ
電話番号:089-2199890
営業時間:10:00~24:00
定休日:なし
ウェブページ:http://www.ratskeller.com/

ケルン
■ギャシュタッテ・ベイ・オマ・クラインマン/Gaststaette Bei Oma Kleinmann
住所:Zulpicher Strasse 9, 50674 Cologne, North Rhine-Westphalia,ドイツ
電話番号:221-232346
営業時間:火~木・日 17:00~24:00、金・土 17:00~1:00
定休日:月曜日
ウェブページ:https://www.beiomakleinmann.de/#_=_

■フリュー・アム・ドム/Frueh am Dom
住所:Am Hof 12, 50667 Cologne, North Rhine-Westphalia,ドイツ
電話番号:022-12613211
営業時間:8:00~24:00
定休日:なし
ウェブページ:http://www.frueh.de/#_=_

フランクフルト
■アドルフ ワグナー/Adolf Wagner
住所:Schweizertrasse 71, 60594 Frankfurt am Main,ドイツ
電話番号:069-612565
営業時間:11:00~24:00
定休日:12/25

■バーゼラー・エック/Baseler Eck
住所:Baseler Platz 7, 60329 Frankfurt, Hesse,ドイツ
電話番号:069-252439
関連ページ:https://www.facebook.com/pages/Gastst%C3%A4tte-Baseler-Eck/102131286531852

おわりに

ドイツの料理は野性味溢れ、素朴でシンプルな料理。どの料理も、山奥の山小屋に住む木こりの様な山男が食べていそうですよね。
ドイツに旅行に行かれる際には、是非、本場のドイツ料理を食べてみてくださいね。

ライター: Satoko Sumitomo
Photo by: Keita「オクトーバーフェスト参戦!

関連旅行記

*Daiki Suzuki「ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン
*Nobuki Arai「ポーカープロの道!!ドイツ・ケルン⇒デュッセルドルフの巻き♪♪
*Photo credit: Natsumi Kogure「夏の南ドイツバックパッカー旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP