ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本よりも優れている!? ゴールドコーストの交通手段 ― 私たちの留学Days オーストラリア編 第16回

DATE:
  • ガジェット通信を≫
私たちの留学Days オーストラリア編

大学に入ったら一度は体験してみたい!と思う人も多い海外留学。そんな留学生活のリアルを、実際に海外の大学に通う先輩留学生たちがレポート! 現地の大学の授業や生活を知って、ぜひ留学を考える際の参考に。

第16回 留学×交通手段

日本よりも優れている!? ゴールドコーストの交通手段

日本の学生の皆さんは、毎日満員電車で通学しているかもしれませんね。私も中・高時代は毎日満員電車でした…。今や満員電車は日本の文化を象徴するもののひとつで、外国人観光客が注目する名物になっているそうですよ(笑)。今日は私の住んでいるゴールドコーストの交通手段をご紹介いたします。

2014年の7月に初めてゴールドコーストにトラム(路面電車)ができました。それまでは私は毎日バス通学でしたが、オーストラリア人はレージーな人が多く、バスが時間内に来ることの方が稀…。10分遅れは当たり前でした。ただトラムができてからは、時間に正確になり現地の人にとっても、とても便利になりました!


「これがゴールドコーストで唯一の電車です」

日本の電車に比べると車両数も少なく、速度も遅いのですがとても快適です! というのも、満員電車にならないからです。日本のようにギューギューに押し合ったことは一回もなく、毎日座ることができます。


「人が乗っていない車両があることもしばしばです」

日本と比べると劣っていることの多いゴールドコーストですが、「満員電車がない」という点は日本より優れているのではないかなと思います! 日本のように便利な交通機関がない国はまだまだたくさんありますので、それもいい経験のひとつになるはずです。

今月のワンフレーズ

“ I reckon… ”
「…だと思う」

これは「I think…」と同じ意味で「…だと思う」という意味になります。オーストラリア人がよく使う単語のひとつです! これを覚えれば、またひとつオージースラングをマスターできますね。

プロフィール

めぐ
オーストラリアのグリフィス大学に通っている20歳の女子大学生。大学での専攻はMedia & Communicationで、将来は世界中を回るスポーツジャーナリストになることを目標に勉強中。

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。