ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ファインディング・ニモ』続編の予告編を公開、ドリーが家族を探す物語に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『ファインディング・ニモ』の続編となる映画『Finding Dory(原題)』の最初の予告映像が届いた。

11月10日(現地時間)、ドリーの声を演じるエレン・デジェネレスが自身の動画サイト、エレンチューブ(Ellentube)で映像を公開した。

本作はデジェネレス演じるドリーとアルバート・ブルックス演じるカクレクマノミのマーリンが再び登場し、ドリーの両親(ダイアン・キートンとユージン・レヴィが声を務める)を探そうと試みる話だ。『ファインディング・ニモ』を手掛けたアンドリュー・スタントンが監督を務め、エド・オニール(タコのキャラクター)、タイ・バーレル(シロイルカのキャラクター)、ウィレム・デフォー(ツノダシのキャラクター)、ケイトリン・オルソン(ジンベイザメのキャラクター)がそれぞれ声で出演する。

映像の中でドリーは、「私が何かを覚えていたなんて! そんなことある? 頭の中に写真があって、前に見たことがあると思う感じかな?」と寝言で話す。

物語の舞台は『ファインディング・ニモ』の6か月後で、ほとんどの場面がドリーの生まれたカリフォルニアの海洋生物学研究所を舞台とする。

米ディズニーとピクサーによる『Finding Dory(原題)』は、2016年6月17日に公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP