ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』吉高由里子サプライズ出演の噂阻む人物の存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2004年に大河ドラマ『新選組!』(NHK)で土方歳三を演じた山本耕史(39才)が同じ役で出演。また武田鉄矢(66才)が福沢諭吉役に抜擢! サプライズ出演でも話題の連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)で、今噂になっていることがある。それが吉高由里子(27才)の出演だ。吉高は2014年放送の朝ドラ『花子とアン』で、翻訳家の村岡花子を演じた。

「広岡浅子は、村岡花子とも交流があったことから、山本さんと同じく、吉高さんが花子役で登場するかも、との話が飛び交っています。というのも、今後、あさの姉・はつの女中・ふゆが、白岡家にとって重要な人物となっていくんですが、このふゆを演じる清原果耶さんが、吉高さんが所属する事務所のオーディションで、3万2214人の中からグランプリに輝いた期待の新人。このつながりを考えれば、まったくないという話でもない」(テレビ局関係者)

 しかし、このサプライズを阻む“カレ”の存在があるという。ヒロインを演じる波瑠(24才)と吉高を結ぶ、知られざる三角関係の夜──。

 それは昨年5月、まだ吉高とRADWIMPSの野田洋次郎(30才)が半同棲交際をしている時に遡る。その日吉高は、朝から『花子とアン』の撮影で、野田の自宅マンションから“出勤”。野田は夜になって、常連のバーへ顔を出した後、近くのビストロへと入っていった。同店の常連客が振り返る。

「野田さんは吉高さんと一緒に、オープン当初からこの店に通っています。野田さんはフランスに住んでいたことがあるんだけど、そのときの味を思い出すって、すごく気に入っているみたいでね。ただあの夜は、一緒にいたのが吉高さんじゃなかったから、あれ? とは思ったんだけどね。聞くと、その娘が野田さんの大ファンで、ライブに行ったりするなかで仲よくなったそうですよ」

“その娘”がまさに波瑠だった。カウンターで仲よく肩を並べて、音楽や映画の話に花を咲かせていたという。

 実はこの夜の前日、その店では吉高が友人と食事をしていた。そして前述のとおり、まさにこの店で野田が波瑠とツーショットで食事。そんな光景に、胸がざわざわ…。しかし波瑠と野田は、食事を終えると、店の前でバイバイとなった。

 波瑠は、『てっぱん』『純と愛』『あまちゃん』と、3度のオーディション落選を経て、今回2590人の中から選ばれた。

 そして満を持して初回を迎える直前の7月に、熱愛報道が飛び出した。野田ではない。『MEN’S NON-NO』(集英社)の専属モデルを務めていたこともあり、現在ドラマ『コウノドリ』(TBS系)で新生児科の研修医を好演中の坂口健太郎(24才)だ。

 波瑠は3月まで『NON-NO』(集英社)の専属モデルとして活躍していたが、坂口とはモデルの仕事を通じて意気投合。昨年秋頃から2人で食事に出かける姿が目撃されているという。

 ただ、双方の事務所は「友達の1人」と、熱愛を否定している。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
吉高由里子 復縁半同棲の恋人ギタリストに肉を焼いてもらう
吉高由里子とRAD野田 師走の渋谷道玄坂の路上で痴話喧嘩
朝ドラ主演土屋太鳳 オーディション前に吉高由里子が力送る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP