ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

綱引の専門誌として17年 『綱引マガジン』の知られざる内容

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中には様々な「専門誌」が存在する。今はもうなくなってしまったが、かつて定期刊行されユニークな内容で人気を博した専門誌のひとつが、綱引競技を扱った『綱引マガジン』(ベースボール・マガジン社)。1990年から2007年まで発行されていた。運動会の競技として馴染み深い綱引だが、1900年のパリ大会から1920年のアントワープ大会まで五輪の正式種目となっていた。
 
「社団法人日本綱引連盟の機関誌として、スポーツ競技としての綱引の普及を図る目的で創刊され、66号まで季刊で発行してから休刊となりました。日本綱引連盟に加入している各都道府県連盟の関係者や競技者、指導者、審判員などがメインの読者。

 内容は、世界選手権大会、全日本大会、地方大会などのレポートや、綱引競技の歴史やルール、競技者や審判員の技術向上についての記事などが中心でした」(同誌の元編集長・服部紀夫氏)
 
 綱引は基本的に8人対8人で対戦する体重別の競技。そのチームの最後部に位置し重りの役割を果たす選手はアンカー(錨)と呼ばれるが、実はこれがリレーのアンカーの語源であることはあまり知られていない。

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
綱引きの争いから名言「五輪は参加することに意義ある」誕生
オセロ最強国・日本 世界大会上位より国内代表権獲得難しい
消えた五輪種目 鳩撃ち、伝書鳩、凧揚げ、魚釣り、決闘など

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP