ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GENKING 借り物を「私物」と紹介し、ブランドショップ困惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 金髪のロングヘアに性別を超えた美貌、「やーよ!」の決めゼリフで一気にブレーク。いま大注目なのが、マルチクリエイターのGENKING(年齢非公表)だ。

 バラエティーや情報番組に引っ張りだこ。芸能人に囲まれた華々しい日常や、ハイセンスな私服ファッションなどを紹介するinstagramも話題で、フォロワー数はなんと70万人を超えている。そんな大ブレーク中のGENKINGにこんな噂が…。

「ブランド品の私物をめぐってトラブルが起きているそうなんです。なんでもおしゃれ私物として公開しているアイテムが、あるブランドショップから借りたものだったというんです」(ファッション誌関係者)

 今年5月、自身のファッションやメイク術、プライベートなどをまとめて初公開したスタイルブック『GENKING STYLE』(双葉社刊)が発売された。世界的に有名なカメラマンのレスリー・キーが表紙と巻頭を撮影したことでも話題になったが、この中に紹介している私物も“借り物”だというのだ。

 本の中では、厳選されたブランド品…ルイ・ヴィトン、シャネル、エルメス、クロムハーツなどお気に入りの高級アイテム50点以上が本人の“私物”として写真付きで紹介されている。ヴィンテージやレアグッズなど希少なものも多く、本文には《買うときは、即断即決》《ビビッっときたお気にいりたんたちの一部を紹介します》と書かれている。

 当該の都内の高級ブランドショップ店のスタッフに話を聞くと、困惑した様子でこう語った。

「本の中で紹介されているシャネルのクラッチバッグや、エルメスのバーキンなどいくつかのアイテムは、GENKINGさんに“お貸し”した商品です。それなのに私物と紹介するなんて…」

 GENKINGがこの会社でブランドのリース品を借り始めたのは1年ほど前のことだという。しかしショップに無断でブログなどに商品を掲載していたため、GENKINGサイドにクレームを入れたこともあるという。

「本来、リース品をブログなどで紹介する場合はどこの商品かわかるように『クレジット』を明記する約束になっています。私たちとしてもタダでお貸ししているわけではないので、何かに掲載する際は、“弊社の社名やブランドの商品名をいれるなど、きちんとクレジットを入れてください”と伝えているのです。それなのに書籍にまで無断使用するなんてあり得ません。結局、クレームを入れて以来、GENKINGさんは、このお店に借りに来られてません。もちろん謝罪もありません」(前出・スタッフ)

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「長すぎるエクレア」登場 ほかにしょうが風味なども
武井咲 LAVIE新ロゴ発表会で早着替えパフォーマンス披露
滝川クリステルがダウンコートに身を包み英国車に乗り込んだ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。