ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

宇宙人へのメッセージ、お返事はいつ来るの?[マイスピ宇宙散歩]

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
110622space.jpg

photo by Jram23
こんばんは、星のソムリエ(R)の景山えりかです。
梅雨真っ最中で、さえない夜空が続いていますね。でも、あとひと月もすれば、夏の星空シーズンの到来です☆
星空を見上げて、ふと思うこと――それは、「宇宙人は本当にいるのか」。
マイスピでも、たびたびUFOや宇宙人の話題が出てきますから、きっとみなさんの関心も高いのではないでしょうか。
すでに、まだ見ぬ宇宙人へ向けて、地球から”電報”をうっているのをご存知ですか?
 
お相手の星は、「M13」です。

110622uchucolumn01.jpg

[ステラナビゲータVer.8で作成。夜空に見るヘルクレス座はこんなふうに逆さまです]
M13は、ヘルクレス座に位置していて、夏を代表する天体のひとつ。約30万個の星が集まる「球状星団」です。
望遠鏡を向けると、星のつぶつぶがマリモのように集まっているのが見えます。その姿は、手のひらでコロコロと転がして遊びたくなるようなかわいらしさです。
さて、1974年。
プエルトリコのアレシボ電波望遠鏡から、このM13に向けて、メッセージが送信されました。メッセージといっても、文章ではなくて、2進法で書かれた電波のメッセージ
その内容は、「1~10までの数字」「DNAの構造」「人間の姿」「太陽系の配列」など、地球の存在を知らせるものでした。
地球からM13までの距離は、約2万5000光年。ということは、電波が星に届くのは、およそ2万5000年後。返事がすぐに送信されたとしても、さらに2万5000年かかります。
かなり壮大なミッションですね。
ちなみに、もし、宇宙人から返事が届いたら、どうすると思いますか? 実は、勝手に公表することは禁止されているんです。
国際天文学連合によれば、宇宙人からのメッセージだということが確実になった段階で、まずは国連事務総長に報告。その後、世界中のメディアに発表される段取りになっているそうです。
これまで、M13からの返信はもちろん、国連に報告されるほど確かなメッセージが見つかったことはありません。つまり、国連を通じた発表が行われるその日まで、私たちは、この広い宇宙の中で孤独な存在というわけです。だからこそ、地球上での人と人とのつながりや、動物や自然との共存を、大事に考えていかなくてはならないのかもしれませんね。
天文学者の多くは、地球外生命体の存在を信じています。現在もさまざまな観測がおこなわれていますから、M13から返事が届く前に、宇宙に仲間を見つけることができるかもしれません。
21世紀中に、その日が来ることをワクワクしながら待つばかりです。
(星のソムリエ(R)・景山えりか)


(マイスピ)記事関連リンク
夏至の6月22日、六本木ヒルズ森タワーの屋上で大都会の星空を見よう!
すごい完成度! 星空タイムトラベルできるAndroidアプリ「Google Sky Map」
お風呂で使える室内用プラネタリウムに東京スカイツリーバージョンが登場!

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。