ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上杉周大、タワレコ新宿店イベントで身体の芯から熱くなる全力シャウト-OTOTOYライヴレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初のソロ・アルバム『You Are The MAN!!』をリリースした上杉周大が11月12日(木)タワーレコード新宿店7Fイベントスペースにて発売記念インストアイベントとしてミニ・ライヴと写真撮影会をおこなった。

遅い時間からのスタートということもあってか、会社帰りらしきスーツ姿の男性の姿も見られる中、21時になりイベントがスタート。なんともいえない時代劇のようなウェスタン調のような? ゆったりとしたSEが流れる中、大きな拍手に迎えられて上杉がステージに登場した。

「どうもありがとう! 上杉周大、人生初のソロ・アルバムがリリースになりました! 『You Are The MAN!!』発売記念イベントによぉ~こそ! You Are The MAN!」

とアコースティック・ギターをかき鳴らしながら観客を煽ってからブルージーなフレーズを弾き、静かに歌いだしたのは「銀のピストル」。途中、テンポアップすると観客も一斉に手拍子を送る。間奏では普段THE TON-UP MOTORSのライヴでは聴くことが出来ないラグタイム調のギター・テクニック(上手い!)を聴くことができた。

「イイっすね~! みなさんお酒呑んできたわけじゃないですよね?」

と、盛り上がるお客さんのテンションの高さに驚きの上杉。みんなすでにアルバムをしっかり聴いて来ている様子で、口ずさみながら手拍子を送っている様子も見られた。MCでは、THE TON-UP MOTORSが今年結成15周年を迎えることとなり、その中で色んなことにチャレンジしてみようということで、自身が役者に挑戦、リーダーでベーシストの長谷川雄一は他のバンドをプロデュース、ギターの井上仁志は幌延町の観光大使でソロ・アルバム発表したこと、そしてドラムの堀内俊聡は家(THE TON-UP MOTORS)を守ってくれている、この4人がいたからこそ『You Are The MAN!!』もリリースすることができた、と改めてメンバーと集まったファンに感謝の言葉を伝えた。

続けて持ち前のソウルフルな歌声でアコギを引きながら熱唱すると、じっくりと聴き入っている観客たち。どんな場所でも全力で泣き叫ぶように歌う上杉のヴォーカルに、周囲の売り場からも熱い視線が注がれていた。「北海道では“北の不発弾”と呼ばれていた(物騒なので最近は言わないようにしているとのこと)」という上杉だが、「この度、エステー株式会社の『脱臭炭』CMに出演することになりました!」と発表すると大きな拍手が沸き起こり、ツイッターで知っていたらしきファンが早くも『脱臭炭』を取り出して掲げる場面も。CMについての詳細は後日改めて発表されるとのことだ。ライヴ後半ではギターを置き、ハンドマイクでバックトラックに合せてアルバムのリード曲「イエス!ソウルミュージック」を披露。

「Yeahー!! シンジュクー!!」

と叫びながら煽る上杉は激しく身をくねらせてシャウト、さらにJBばりの華麗なステップが飛び出すとファンは大歓声を送ってさらに盛り上げる。せわしなく煽られるダンス・ナンバーではなく、しっかりと言葉を噛みしめるように歌い上げることで身体の芯から熱くなるように伝わり、身体がうずく楽曲。それが上杉周大のダンス・ミュージックだ。

「どうもありがとう! 上杉周大でした! I Love You!!」

短い時間だったものの、アルバム収録のアレンジとは違いシンプルにアコギ一本で歌うなど、改めて楽曲のメロディの良さと共に、上杉のヴォーカリストとしての魅力を感じられたインストア・イベントだった。ライヴ終了後は参加者1人ひとりと記念撮影をおこない、ファンは皆満足そうに笑顔で帰途についていた。インストア・イベントは11月13日(金)コーチャンフォー旭川店をはじめ今後も続くので、お近くのファンの方はぜひ足を運んでみてほしい。(岡本貴之)

・OTOTOYでは『You Are The MAN!!』を配信中、上杉周大へのインタビュー掲載の特集ページも公開中!!
http://ototoy.jp/feature/2015111100

〈上杉周大『You Are The MAN!!』発売記念インストアイベント〉
2015年11月12日(木)21:00~
タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
■内容:上杉周大ミニライヴ&写真撮影会

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。