体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スター・ウォーズ』シリーズ主要キャスト、現在の活躍を紹介(後編)

Natalie-Portman

ナタリー・ポートマン/パドメ・アミダラ

ポートマンは、マーベルの映画『マイティ・ソー』シリーズにジェーン・フォスター役で出演した。ポートマンの次回出演作となる西部劇映画『Jane Got a Gun(原題)』では、『スター・ウォーズ』でも一緒だったユアン・マクレガーと共演する。テレンス・マリック監督の『Knight of Cups(原題)』、ジャクリーン・ケネディの伝記映画『Jackie(原題)』も控えている。イスラエルのジャーナリストであるアモス・オズの回顧録をもとにした『A Tale of Love and Darkness(原題)』では、脚本、監督、出演を担当する。

ewan-mcgregor-star-wars

ユアン・マクレガー/オビ・ワン=ケノービ

旧3部作でアレック・ギネスが演じた愛すべきキャラクターの若かりし頃を体当たりで演じて以降、マクレガーは多岐にわたる役を演じ続け、最近では、『Last Days in the Desert(原題)』でイエス・キリストを演じた。次回作はポートマンと共に『Jane Got a Gun(原題)』に出演し、実写映画版『美女と野獣』(ルミエール役)、作家フィリップ・ロスのピューリッツァー賞受賞小説をもとにした『American Pastoral(原題)』も控えている。また、ダニー・ボイル監督が手掛けた『トレインスポッティング』の続編も噂されている。

hayden-christensen

ヘイデン・クリステンセン/アナキン・スカイウォーカー

クリステンセンは、『90 Minutes in Heaven(原題)』でケイト・ボスワースと、『ザ・レジェンド』でニコラス・ケイジと共演した。また、シルクロードを旅したマルコ・ポーロの改作を演じることが決まっている。

temuera-morrison

テムエラ・モリソン/ジャンゴ・フェット

新3部作でジャンゴ・フェットとコマンダー・コーディを演じた後、モリソンは、2011年のDCコミックス映画『グリーン・ランタン』でエイビン・スールを演じ、現在は、ミニシリーズのテレビドラマ『Tatau(原題)』でその姿を見ることができる。

jimmy-smits

ジミー・スミッツ/ベイル・オーガナ

最近のスミッツは、テレビシリーズ『デクスター ~警察官は殺人鬼』や、米FXネットワークの『サン・オブ・アナーキー』に出演を果たし、現在は、バズ・ラーマン監督のNetflix(ネットフリックス)作品『The Get Down(原題)』に取り掛かっている。

frank-oz
1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。