ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内村航平「母より妻のご飯が食べたい」発言で世の母親に波紋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スコットランドのグラスゴーで開催された体操の世界選手権で、37年ぶりに団体での金メダルを獲得した日本代表。エースの内村航平(26才)は、個人でも2つの金メダルに輝き、来年のリオデジャネイロ五輪での個人総合2連覇への期待は大きくなるばかりだ。

 そんななか内村の発言が、ちょっとした“騒動”を巻き起こしている。それは、スコットランドからの帰国後『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演したときの発言。母・周子さんによるVTRメッセージが、スタジオにいる内村や白井健三(19才)たちの前で流れた時のものだ。

 周子さんは満面の笑みと、世界選手権6連覇という偉業を達成した愛息に、弾んだ声でこんなご褒美を提示した。

「いちばん食べたいものは何ですか? 唐揚げとかハンバーグとかカレーライスとかグラタンとか、たくさんありますが、好きなものを何でも作ってあげたい」

 内村はなんと答えたか?

「いちばん食べたいもの? そりゃ奥さんの手料理ですよ」

 ここでおさらいしたいのが、内村の母と妻の嫁姑バトルだ。2012年11月、大学の1年後輩だった妻と“できちゃった結婚”した内村。そんな経緯に、周子さんが“怒り心頭”“奥さんの存在を認めていない”などと報じられ、女性セブンでも、内村の試合会場にピンヒール姿で現れた妻に周子さんが“腹を立てた”という“ピンヒールバトル”をお伝えした。

 長い間、嫁と姑の板挟みになっていたと思われる内村。全国のお茶の間に流れたこのやりとりに、「いいなぁと思った」と賛辞を送るのは作家の亀山早苗さんだ。

「お母さんは息子が優勝したことで、はしゃいでしまったんでしょうね。そのテンションの高さに、息子がしらけているようにも感じました。挙げられたメニューにしたって、唐揚げとかハンバーグとか…“子供じゃないんだから”と思いますよね」

 神奈川県に住み、3人の子供を持つ主婦のA子さん(51才)も、「あのお母さんには、あのくらい強いことを言わないと、図に乗ってくるんじゃないですか。いつまでもしがみついて出しゃばっていないで、子離れしなくてはダメでしょう」と手厳しい。

“あのお母さん”──そう、内村の母・周子さんと言えば、おさげ髪がトレードマークの、“息子ラブ”として、知らない人はいないほどの有名人。世界のトップに君臨する息子への愛情を包み隠さず、声を張り上げて応援する姿がテレビに映ることも珍しくない。そのあまりの熱心さに、ネット上では“もし自分の母だったらウザい”“溺愛にもほどがある”“見ていてイタい”といった批判もちらほらと見かけるほどだ。

 先日は『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演し、息子から「応援に来ないでくれ!」と言われ、号泣したこともあると明かしたばかり。にもかかわらず、VTRで息子へのラブコールを送る姿には、こんな声も聞こえてきた。

「あのお母さんが姑になるとわかっていたら、どんなに彼が有望株でも、私には結婚は無理(笑い)。今回みたいにばっさり言ってくれるならなんとか頑張れるかなという感じ。…いや、でもあんなふうに言われたら、私に怒りが向くんじゃないかとびくびくするから、やっぱり無理ですね」(静岡県に住む42才の看護師)

 一方で、子供へ無償の愛情を注ぐのは、母親としてはごく当たり前のことでもある。

「子供の頃からずっと応援してきた息子が、大きな試合で立派な結果を出した。それを大喜びすることが、そんなに悪いことですか?」

 と福島県在住の主婦C子さん(55才)は戸惑い気味。静岡県に住む主婦のD子さん(50才)は、内村の言動に胸が痛くなったという。

「大勢の人の前で息子に拒否されて、母親としてなんと切ない瞬間だったろう、と。私だったらかなり凹みます。自分と比べられた嫁のことまで嫌いになりそうです」

「自分が言われたらショックで立ち直れない」(52才・主婦)、「お母さんをネタに使うなんて逆に甘えてる」(53才・主婦)、「年長者を立ててあげるって大事なことなのに」(50才・主婦)と、周子さんへの“同情の声”も多く聞こえてくる。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新婚の内村航平 母親は「結婚は早すぎる!」と猛反対した
体操・内村航平の母 試合会場では息子の嫁と一緒に観戦せず
3連覇の内村航平選手 北京五輪後に反抗期きて母を「うざい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP