ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都人が関西圏で浮く理由 生粋の洛中人・芦屋小雁氏が反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 紅葉シーズンを迎え、年間来場者数400万人を誇る清水寺を筆頭に、多くの観光客が足を運ぶ京都。だが、古都の雅な姿には似つかわしくない『京都ぎらい』(井上章一著・朝日選書)が大きな話題を読んでいる。多くの関西人が「よくぞ書いてくれた」と、関西圏を中心に異例の売れ行きを見せている。そこまで言われる京都人とは、どんな人たちなのか。

「東(江戸)男に京女」との言葉が示すように、京都の女性は一般的に「上品でおしとやか」といったイメージがある。実際、「見た目はともかく、出しゃばりはおらんかな」(20代・男性京都人)との女性自慢が多く聞かれる。

 一方、京都の男性についてはあまり知られていない。大阪出身の作家・島村洋子氏がかつて「京男」と交際した際の経験をこう話す。

「大阪の男は、例えば“メッチャ小さい”など必ず副詞を付けますが、京都の男は同じ物を表現しても“小さい”としか言わない。品があって可愛らしい会話をするんです。謝罪や悪口を面と向かって相手に言うこともない。

 でも、そういう“京男”と付き合っていると、何事もハッキリ口に出す大阪生まれの私は“どうせ、私のことを下品だと思っているんだろうな”と劣等感のようなものが芽生え、卑屈になってくる。結局、それで疲れて別れました(苦笑)」

 京都人が関西圏で浮いてしまうのはなぜか。前出『京都ぎらい』の著者で、「洛中」ではなく嵯峨で育った井上氏が語る。

「洛中に住む京都人の優越感の源流は南北朝時代にまで遡ります。南朝を打倒し室町幕府を開いた北朝の足利尊氏の頃から京都人の“選民意識”は根付いています。この風土は一朝一夕で変わるものでもない。おまけに近年、東京のメディアが京都の料理屋や観光スポットを持ち上げ、企画に困れば京都特集を組むなど、京都人をますますツケ上がらせている。これだけおだてられれば、京都人が増長するのも当然です」

 さて、ここまで言われて、当の京都人は何と答えるのか。中京区で生まれ、今は西陣地区(上京区今出川)に暮らす「生粋の洛中人」で俳優の芦屋小雁氏に反論を聞いた。

「確かに京都はよう、人から“いけず”と言われます。意地が悪い……とか何とかね。そやけど、この言葉、かなり誤解されてまっせ。“いけず”の良さってあるんですわ。例えば、常識を知らん人に“それは違いまっせ”とストレートに言えば角が立つ。だから“本当はこういうことですよ”と気付いてもらうために、あえて遠回しな物言いをするんです。

 これは“はんなり”としたお公家文化を引き継いでいるんやけど、わからん人間には最後までわからない。困ったことですな(笑い)」

 周囲の無理解ぶりに苦笑する小雁氏だが、やっぱりどこか“上から目線”のような気も……。でも誰だって京都人を笑えないのかもしれない。井上氏はこう話す。

「私も地図上は隣の亀岡市の人に“隣ですね”と言われて、“なんやて。山ひとつ越えなたどりつけへんぐらい遠いやん! それに嵯峨は行政上は京都市内なんやで。そのへんはわきまえてもらわないと!”と心の中で毒づいていました。これじゃ洛中の京都人を責められませんね。

 人間には、自分が優位に立ち、劣る立場の誰かを見下そうとする情熱があります。これを全面的に封じ込めるのは難しいことです」

 偏見を持たない人間はいない。“いけずな心”は京都人だけが持っているものではない。

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
生粋の京都人が見て・食べて楽しい7つの散歩道を紹介した本
異例のヒット本『京都ぎらい』 多くの関西人が溜飲を下げる
【週間TV番組ガイド】日本の名所や絶景が堪能できる2番組

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP