ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の伝統を華麗にアレンジ!ある日本人の思いをつなぐ“折り紙アート”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の伝統的な文化、折り紙

今では世界中で“Origamiとして親しまれている。

Cristian Marianciucさんもそんな繊細な文化に魅せられたアーティストのひとり。

現在、彼は毎日ひとつのオリジナル折り鶴を制作し、発表するというプロジェクトに挑戦中。

紙だけでなく、植物やガラスなどを使い、毎日独創的な折り鶴を作り出している。

制作のきっかけは、被爆者である佐々木禎子さんのエピソードを知ったこと。

佐々木さんは、2歳のときに被爆し、その後白血病を発症。死の間際まで、回復を祈って折り鶴を折り続けた。

Marianciucさんは、生きる希望を折り鶴に託した佐々木さんの姿に感銘を受け、自らも鶴を折り始めたという。

 

 

そんなバックストーリーを聞くと、なんだか一つひとつの鶴が愛しく思えてくるのではないだろうか。

懸命に翼を広げる姿は、儚くも美しい。

作品はFacebookやInstagramを通じて発表されているので、毎日新しく生まれる鶴たちをのぞいてみては。

Facebook
https://www.facebook.com/IcarusMidAir
Instagram
https://instagram.com/icarus.mid.air/

折り紙(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。