ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

執念深い性格の人 「粘り強い」と言い換えればポジティブに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 身の回りにいる「困ったちゃん」についての相談に、『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)などのテレビ番組でお馴染みの東京未来大学・こども心理学部長である出口保行さんがズバリ答える。今回は同じ話を何度もぶり返す困ったちゃんに関するお悩みです。

【お悩み】
 友人の香織と話していると、彼女にとって気になることがあると、話題が別に移っても、「さっきのことだけど…」と何度もぶり返します。「ちょっとめんどうくさいな~」って思う私は、友達甲斐がないかしら?(静岡・美沙・39才)

【回答】
 1つのことにいつまでもこだわっている香織さんとのつきあいが、ちょっとつらくなっている美沙さん。「どうして、またその話題に戻るの?」と、思わず言いたくなりますよね。イラつく気持ち、わかります。

 香織さんは自分の考えや価値観をしっかり持っている人。それはいいことですが、そこに固執しているため、自分の考えと違うことが起こると、それをサクッと流すことができないのでしょう。つまり、「ま、いいか」という考え方ができない、“執念深い人”といえます。

“執念深い”というとネガティブな印象ですが、ポジティブに言い換えると、“粘り強い人”ともいえます。

 このように、人間は同じ性格でも、ポジティブな捉え方とネガティブな捉え方ができることがわかります。“執念深い”と“粘り強い”は、同じ人なのに見方によって評価が大きく変わる、代表的なタイプです。

 このタイプには研究者が多い。なぜなら、1つのことをとことん追究していく粘り強さがなければ、研究は続けられませんから。“粘り強い”というポジティブな評価をされるのは、特定の仕事を与えられて、それについて徹底的に邁進している時です。つまりプロパー系に向いています。

 逆にこのタイプがジェネラルな仕事をこなそうとすると、必ずどこかで引っかかってしまい、それが失敗とみなされてしまいます。

 一般的に、人は興味・関心の幅は広くても、深く追究はしないものですが、このタイプは自分の興味・関心の幅が狭くて、それを掘り下げるので、はたから見ると偏屈だったり、常識がない人にも見えます。

【対策】
 美沙さんが香織さんと今後もつきあっていくなら、ポジティブな性格がいかされる方法を考えてあげることです。

 仕事なら、能力が発揮できる仕事を与えましょう。例えば「この分野が得意なんだから、これを掘り下げて考察し、後で報告する」というのが得意なはず。言い換えれば参謀型です。一方、偏ったものの見方しかできないので、広い視野が要求されるリーダーには、不向きです。

 このタイプが固執した態度をとっている時は、「どうしてそこにこだわるの!?」ではなく、「それは後でもう一度考えましょうか」と言って、引っかかっていることを飛ばしてあげるといいでしょう。

 その先にもっと大切なことがあるのに、それが読めず、止まっている様子にイライラするかもしれませんが、その一言があれば、本人も納得して、意外とスムーズにことが進みます。実は周りの反応から、自分のこだわりで迷惑をかけていると、本人も気にしていることが多いのです。

「しつこくて、変わり者」と思われるケースが多いのですが、要は周りの人の考え方次第。うまくはまると、とてもいい仕事をするので、周りの人が価値観の転換をしてあげましょう。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
録画視聴率の登場でクリエイティブな番組作りが減る懸念あり
FXの税制 2012年1月1日以降は一律20%の申告分離課税に
結婚報告で不評の秋元優里 平井理央はクリエイティブ路線に転向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。