ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母子世帯 離婚後4年たって養育費を受けている率は15.6%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 様々な理由で離婚を考える夫婦たち。日本では、2人だけで話し合う協議離婚が多いが、もちろんトラブルもつきものだ。行政書士の高橋健一さんはこう話す。

「離婚で母子世帯となった人で、離婚後4年たっても養育費を受けているのは15.6%(「全国母子世帯等調査結果報告」厚生労働省/平成23年度)です。これは、協議離婚の時、口約束がほとんどなのが原因。養育費が不払いでも、泣き寝入りするだけに。決めたことは公正証書にして、“法的執行力のある契約書”にすること」

 離婚時に養育費の取り決めをしなかった場合も、家庭裁判所での調停などで離婚後の請求も可能。ただし、過去の養育費の請求は認められないことが多いので、やはり離婚時にその後のライフプランを考え、手続きをしたほうがいい。

 協議離婚が成立しない場合や、DVを受けて避難しており、話し合いが困難な場合は、裁判所を通して「調停」を行う。これでもこじれたら「裁判」に。時間はかかるが、これらの方が、法的書類が揃えられ、離婚後のトラブルは少ない。

 各種手続きと同時に考えておかないといけないのは、離婚後のマネープラン。慰謝料に養育費、財産分与、助成金もあるから大丈夫、と考えていたら甘い。ファイナンシャルプランナーの山口京子さんはこう語る。

「結婚してから築き上げたものは共有財産とみなされ、離婚時は、それが折半されます。妻も住宅ローンを借りていたり保証人になっている場合、離婚してもなくならないので注意」

 慰謝料は原因と収入、婚姻期間で変わるが、ない袖は振れない。約3割の人が慰謝料なしという統計結果も。「専業主婦の場合、働くめどをつけておくことが大切」(山口さん)。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
B・ボンズの離婚養育費月200万円 紗栄子は月1000万円請求
離婚記念にディズニーランドへ行く理由は楽しく別れたいから
離婚慰謝料高い海外セレブ 暴露本封じの口止め料的な意味も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP