ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YOUは何しに日本へ? 「全てにおいて逆」のテレ東的発想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年9月に放送100回目を迎えたテレビ東京の人気番組『YOUは何しに日本へ?』(毎週月曜夜6時57分~)。日本の空港でスタッフが外国人(=YOU)を待ち構え、直撃インタビュー。そのまま密着ロケに進むこともあり、予想できない展開が人気を呼んでいる。総合演出の野村正人さんに収録の裏側について聞いた。

――バナナマンのお二人の収録はテレビ東京の会議室で行われているそうですが、これだけ人気番組になっても「スタジオ収録にしよう」とはならないんですね。

野村:全く興味がないです(笑い)。スタジオ代に使う予算があったら、ロケ費用にしたいです。一度だけ、社員の健康診断で会議室が埋まっていてスタジオを借りたことがありますが、使ったのは隅っこだけでした。

 収録のスタンスは2012年6月に放送したパイロット版から変わっていません。その時のMCだったバナナマンの日村さんと眞鍋かをりさんは、会議室に入ってきて、「かをりちゃん、こういう収録って経験ある?」「ないです」「俺もないんだよね」と疑心暗鬼になっているようでしたけど、VTRを見た後は「これ面白いですねぇ」と言ってくれました。これは大きな励みになりましたね。

――MCが、設楽さんではなく日村さんなのは、あえて?

野村:その通りです。バナナマンでMCといえば設楽さん。それをあえて日村さんにすることで、他とは違うものが見せられるんじゃないかと思ったんです。すべてにおいて逆を行きたかったので、本当は聞き取りやすくないといけないナレーションもわざとボビー・オロゴンさんを起用しました。

――逆の発想というところはテレ東さんらしいですね。

野村:くだらないことをフルスイングしますので(笑い)。私はフリーなので他局の仕事もしていますが、それはとても大事なことだと思っています。総合演出である私の役割は、スタッフの道標になることなので、私がもし迷っていたらみんなも迷ってしまいます。何が面白いかということに正解はありませんが、常にアンテナを張っておいて、自分が面白いと思ったことは自信を持って送り出すようにしています。

――野村さんがこの番組の企画を思いついたきっかけは何ですか?

野村:局から外国人を使った企画を考えてほしいと依頼があり、放送作家と一緒に考えました。といってもほんの5分程度の会話なんですが、その時ヒントになったのは、私も番組作りに参加していたテレビ東京の『日曜ビッグバラエティ 望郷列車』という番組です。

 帰省シーズン中、上野駅で声を掛けた人たちに、故郷はどこか、誰が待っているか、実家で待っている人は誰かということをインタビューして、許可がもらえれば実家までお邪魔させてもらう。これを成田空港で外国人相手にやってみたら面白いんじゃないかと思って企画書を作って、村上徹夫プロデューサーに見せたら表紙だけで「面白いですね」と言ってくれました。

――異色のバラエティー番組は、これまでドキュメンタリーを中心に作ってこられた野村さんだからこそ生まれたというわけですね。

野村:『YOUは何しに日本へ?』もドキュメンタリーだと思っています。ほとんどの人がバラエティー番組だという認識ですが、「ドキュメンタリー番組である」ということだけはしつこく言い続けようと思います(笑い)。
 
 私がドキュメンタリーにこだわるのは、取材をする中でいろんなことが発見できるからです。この番組のテーマは日本再発見。海の向こうからネジ一本を買いに来たという人、トマト栽培を勉強しに来たという人。こっちが「へぇ、そんなことで日本に来たのか」と思えるような人たちをたくさん見つけたいですね。YOUから「日本に来るのが一生の夢だった」と言われるとすごく嬉しい。でも、あまり褒められたくないというところもちょっとあって、それよりも彼らが純粋に日本を楽しんでいる様子をお届けするように心がけています。

――今後の目標をお聞かせ下さい。

野村:100回というのは通過点。とはいえ、子供の成長を見るような、感慨深いものがありました。よく育ったなという一方で、もっと立派な大人にしたいと思っています。目標としては東京五輪まではやりたい。オリンピック選手のYOUに付いて行きたいですね。

◇『YOUは何しに日本へ?』
日本の空港で、来日したばかりの外国人に「YOUは何しに日本へ?」と質問。それに答える様子を紹介し、ユニークな返答をした人に密着取材する。毎回、予想外のハプニングが繰り広げられ人気を呼んでいる。スタジオでの司会は、バナナマン。今年9月、放送100回を達成した。11月16日の放送では、新撰組が大好きで、会津若松にある斎藤一のお墓まいりに行くというオランダ人女性に密着する。また、11月23日には、2時間スペシャルを放送。毎週月曜夜6時57分~。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
半沢直樹の後継番組が成功しない理由などTVの裏側読み解く本
日テレ出演NHK有働アナ「スタジオ狭い」など毒舌だった理由
六角精児と原千晶 『あさイチ』有働アナとイノッチを語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP