体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オランダの版画家エッシャーも描いた南欧の風景に出会う旅

Photo credit: Edicolante「なんと、ここもローマ!モンテチェリオ オランダの画家のM・C・エッシャーが見た景色を探しに行く旅」

Photo credit: Edicolante「なんと、ここもローマ!モンテチェリオ オランダの画家のM・C・エッシャーが見た景色を探しに行く旅

こんにちは。イタリア在住15年のTRiPORTライターのEdicolanteです。
先日、インターネットでオランダの版画家M.C.エッシャーの作品が見つかったという情報が載っていました。その作品である風景画のモデルがローマ県内のモンテチェリオであることを知り、実際にその町を訪れ、調べたことをご紹介します。

Photo credit: Edicolante「なんと、ここもローマ!モンテチェリオ オランダの画家のM・C・エッシャーが見た景色を探しに行く旅」

Photo credit: Edicolante「なんと、ここもローマ!モンテチェリオ オランダの画家のM・C・エッシャーが見た景色を探しに行く旅

モンテチェリオの街並みが描かれたエッシャーの未知の作品

今回のニュースは、だまし絵などの版画でよく知られるオランダのマウリッツ・エッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 – 1972年3月27日)の貴重な初期の作品が見つかったというものでした。

所有しているのは、オランダのデン・ハーグにある、ライへ・フォールハウト宮殿内のエッシャー美術館。この作品は、エッシャーの家族が競売にかけず、彼の美術館に売られました。彼の日記にも詳細が書かれていなかったため、どこが描かれたのかわかっていなかったのですが、学芸員のミッキー・ピラーの研究で、ローマ郊外のモンテチェリオを描いていたことが判明しました。

この作品は1924年3月、エッシャーがスイス人のイエッタ・ウミカーとの結婚の準備期間中に制作。透視法などのだまし絵で有名なエッシャーですが、こちらは風景版画です。しかし他の絵と同様に、彼の独特な世界が感じられる傑作になっています。

モンテチェリオへの行き方
電車でローマテルミニ駅から40分
グイドーニア=モンテチェリオ=サンタンジェロ駅で降り、バスかタクシーで。
COTRAL社のバスもローマから出ています。
時刻表などはこちら(イタリア語)

エッシャーのイタリア滞在期の旅

彼はイタリアに滞在していた期間(1923-1935)に、住んでいたローマを中心にたくさんの風景画を残しました。ローマの風景は版画のトーンを活かした夜景が素敵です! 今ほど灯りがない時代のローマの風景を、月明かりでロマンチックに、少しミステリアスに表現しているように感じます。

彼は旅や散歩が好きだったようで、作品のモチーフを探してあちこち歩き回っていたそうです。毎週末、ローマ近郊などを旅して歩いている筆者は大変共感できます。

筆社撮影 イタリア モンテチェリオにて

筆者撮影:イタリア モンテチェリオにて

イタリア風景画が描かれた場所と代表作品

トスカーナ州

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。