ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セミロングヘアの毛量調整が簡単にできる♪レザーを使った裏ワザ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レザーで削ぐ時は頭に対して直角に持ちあげるのがポイント!

前回はセルフカットを可愛くするハサミの選び方と、切る時のポイントについてお話しました。
今回は実際にカットしていく時の方法なのですが、セミロングの毛量調整方法をお伝えさせていただきます。
初めは慣れないと思いますので、少しずつ切ることです。
左手の親指と人差し指、中指で毛束を頭皮に対して90度直角に引き出します。
まずは、毛束の毛先1/3の内側(下部)をえぐる様にレザーを入れていきます。
レザーを滑らす方向は、毛束の中間から毛先に向かってです。
イメージは筆先のように細くしていくのです。なぜ毛束の内側(下部)なのかと言いますと、表側だとパサパサした毛が目立ったり、ハネやすかったりするからです。簡単に言うと、毛束を持ち上げたら下を削ぐってことです。
左手の指で持てる量を目安として、何回かに分けて削いでいきます。
間違っても、いきなりたくさんの量を取ろうと思わないでくださいね!
右サイドを削ぐ場合、右利きの方はやりづらいですので、顔を少し左に向けて削ぐとやりやすいです。
トップの方になると、毛束を持っている手がキツくなるので、頭を傾けてください。あくまでも引き出す毛束は頭皮に対して直角ですよ!

 

前髪カットも失敗知らず♪プロおススメの裏ワザもあり!

前髪も毛束の内側(下部)を削ぎます。素人さんが失敗するポイントはこちらです!
⚫乾いたまま切る
⚫根元から刃を入れすぎる
⚫表面を切ってしまう
内側(下部)を削ぐということは、髪を下ろした時に、見えない場所を切っていることで素人さんでも安全なのです。
もう1つプロから簡単なオススメの裏技があります。
例えば、顔を包み込むような小顔スタイルに毛量調整したい場合、下を向きながらレザーを内側に入れていきます。
リバースに流れるようなスタイルに毛量調整したい場合は、上を向きながら内側を削いでいきます。

 

顔の傾きを利用して、なりたいスタイルに合わせてカット♪

まとめると、前に髪を流したいフェミニンなスタイルは床を見ながら!
後ろに流れるエレガントなスタイルは天井を見ながら!
ただ、これだけです。
レザーの使い方はいろいろありますが、まずは内側(下部)を削いでいくことをオススメします。
長さを少し変えたい場合は、毛量調整後に切ることです。長さを切ってから毛量調整をすると、思ったより短くなることがあるからです!
長さを切る時は姿勢を正し、頭をまっすぐにして、髪が自然に落ちる位置で毛先を削いでいきます。
レザーは感覚で使うことができ、素人さんが使うにはハサミより簡単でしょう!

後藤孝一(ハイヤマカシ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP