体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プレッシャーに弱い人のための「9つの克服法」

angry woman screaming hysterical

緊張する場面って、日常的に潜んでいますよね。気にならない人もいますが、プレッシャーに弱い人にとっては毎日がストレスの連続。

少しでも普段の生活を快適にするために、プレッシャーの種類別に克服方法をご紹介します。

1.人前で話すとき

人前で話す

たくさんの人の前でスピーチやプレゼンをするときに、緊張によって良いパフォーマンスを引き出せない人は、特定の人に話をしているつもりで臨みましょう。

聴衆の中に知り合いや親しい人がいれば、その人たちの目を見て話すようにします。1人だけに集中してしまうと不自然なので、何人か目を見て話せる人を選んでおくといいでしょう。

2.試験・検定のプレッシャー

試験や検定の最中に緊張してしまいうっかりミス!頭が真っ白になってしまう…なんていう人は、試験に失敗したときのことばかり想像してしまう傾向が。

重要なのは目の前の試験に集中すること。先のことについては考えないようにしましょう。

もし難しければ、「失敗しても次があるから大丈夫」と考えるようにしてあまり思い詰めないようにするのが吉。

3.勝負事でピリピリ!

プレッシャー

スポーツやギャンブルなど、勝ち負けに対するプレッシャーに弱い人は、無理矢理にでもときどき笑顔を作るようにするといいかも。そんな気分ではなかったとしても、笑顔を作るだけで気持ちがリラックスすることだってあります。

これはスポーツ科学的に正しいプレッシャー克服方法としても知られているようです。また、笑顔を見せることで勝負相手に余裕を見せつけることができ、相手に対してプレッシャーを与える効果も。

4.相手の威圧感を感じた時

上司やクライアントと話をするとき、プレッシャーを感じてしまって萎縮してしまい、上手に意志を伝えられないことはありませんか?

そんなときは、相手についての情報があってもなくてもその人の背景を具体的に想像してみるのが効果的かもしれません。

奥さんには弱音を吐いたりするのかな、子どもとはどう接するんだろう、ネクタイのセンスが独特だけど、どこで買ったんだろう…。

相手は特別ではなくて、自分と同じ人間なんだと思うことで、プレッシャーを減らすことができるかもしれません。

5.タイトな締め切りに対するプレッシャー

締め切り

仕事をいくつも抱えると、時間的なプレッシャーで焦りばかりがつのり仕事が思うように進まないということはよくあります。

これは「マルチタスク」が原因にある可能性も。あれもこれも早く進めなければと、たくさんの仕事を同時進行させようとすると、脳内の情報処理が間に合わず作業能率が落ちてしまう可能性があります。

そんな時には、仕事に優先順位をつけて一つひとつ着実に片付けていくことが一番の近道だった、なんてことも。

6.初デートで緊張…

初デートのとき、相手にいい印象を与えなければ、楽しませなければとプレッシャーを感じてしまう人は、サービス精神が旺盛すぎるのかもしれません。

それ自体は悪いことではありませんが、まず自分が楽しまなければ相手を楽しませることなど不可能です。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy