体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia neoは欧州で7月上旬に発売

デジタル・IT

4月の時点で発売が延期された[リンク]『Xperia neo』ですが、7月上旬より欧州でようやく販売が開始されるようです。既に香港版『Xperia neo』は発売されていますが、ほとんどの地域では発売されていません。

『Xperia Blog』によると、イタリア、オランダ、英国のSony Ericssonが7月第1週の発売を認めたそうです。そのうち、オランダのSony Ericsson関係者はXperia Blogのツイートに対して認める内容のコメント[リンク]をしています。『Xperia neo』は『Xperia arc』などと同じくモバイルBRAVIAエンジンや、810万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサ『Exmor R for Mobile』を搭載。3.7インチFWVGAサイズのディスプレイ、MSM8255、512MBのRAM、前面に30万画素のカメラ、HDMI出力端子、DLNA機能などに対応。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)でSony Ericssonの独自ユーザーインタフェースを搭載する端末。

ちなみに、『Xperia neo』はフランスでは『Xperia kyno』[リンク]というユーザからの投票によって決定して名前で販売されるそうです。

Source : Xperia Blog

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会