ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪Foxtel局の音楽チャンネルからスウィフト、ビーバーらのMVオンエアが消える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オーストラリアの有料テレビ局 Foxtelの全音楽チャンネルにて、2週間前からユニバーサル・ミュージックのミュージックビデオがオンエアされていないことが明らかになった。テイラー・スウィフトもジャスティン・ビーバーもザ・ウィークエンドもドレイクも見られない状態だという。

 オーストラリアのThe Music Network誌の報道によると、Foxtelと同大手レコードレーベル間におけるアーティストの著作権使用料に関する議論が、Foxtelの5つの音楽チャンネル(Channel [V]、[V] Hits、CMC、Max、Smooth)でのオンエアを妨げているそうだ。

 今週のARIA(オーストラリアレコード産業協会)シングル・セールス・チャートを見ると、トップ10のうち7曲がユニバーサルとEMIミュージックのアーティストとなっている。つまりは、ジャスティン・ビーバーの「ソーリー」やザ・ウィークエンドの「ザ・ヒルズ」、ドレイクの「ホットライン・ブリング」がこれらのチャンネルでオンエアされていないということになるのだ。セレーナ・ゴメス、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーについても同様だ。

 今のところ両社ともこの件についてコメントを出しておらず、ユニバーサル側がMVのオンエアを禁止しているのか、それともFoxtel側がオンエアするのを拒絶しているのか分かっていない。

 なお、Foxtelでこの2週間に最もオンエアされた曲の75%をソニー・ミュージックのアーティストが占めているという。The Music Network誌が伝えている。

関連記事リンク(外部サイト)

フランク・シナトラ追悼コンサートにレディー・ガガとセリーヌ・ディオンの出演決定
アラン・トゥーサンの死を偲び、パティ・ラベルがBillboardにコメント
「音楽業界は崩壊している」 U2のドラマーがSpotifyやAppleに苦言

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP