ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

認知症患者 家族は損害賠償を求められるリスクと隣り合わせ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 白い軽自動車がJR宮崎駅前の目抜き通りの歩道を700mも暴走し、最後は加速して歩行者6人をはね、2人が死亡した──。10月28日、73歳の認知症の男性が起こした「暴走事故」は高齢社会の恐怖を見せつけた。横転した車から引きずりだされた男性は「今どこにいるかわからない」と呟いたという。

「男性の自宅は現場から100kmも離れた鹿児島県日置市です。朝8時に家族に何も告げずに出発し、2時間半で行ける距離を7時間もかけて現場にたどり着いた。男性は普段から家族を乗せ運転していたそうです」(捜査関係者)

 周囲はどれだけそのリスクを認識していたのだろうか。75歳以上のドライバーが昨年起こした死亡事故471件のうち、認知症が疑われるケースは4割近くに上る(警察庁調べ)。

 交通事故だけではない。2013年に大阪府に住む老夫婦の自宅で起きた火災では、隣家も延焼。妻が郵便局に行っている間に、82歳で認知症の夫が新聞紙にライターで火をつけ、布団に投げたことが原因とされた。認知症介護研究・研修東京センターの長谷川和夫・名誉センター長が解説する。

「認知症で最も多いアルツハイマー型では、軽度ならば言葉の意味が通じにくくなる。中等度では自分のいる場所がわからなくなり、高度に進むと同居家族の顔がわからなくなってしまう。宮崎の男性はおそらく中等度。まだ家に着かない、と焦りながらアクセルを踏み続けたのではないか」

 認知症の本人に責任能力が認められない場合、被害者から家族が訴えられる例も少なくない。

 2007年には愛知県で91歳の男性が徘徊の末、線路内で列車にはねられ死亡した。妻と長男の妻が目を離した隙の出来事だったが、鉄道会社側が列車遅延の損害720万円を求めて遺族を訴えた。一、二審は「防止策を怠った過失」があるとして、妻と長男の賠償責任を認めた(双方が上告中)。

 介護する家族は、損害賠償を求められるリスクと常に隣り合わせということだ。

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
76歳認知症患者の運転事故 家族含め3億円超の損害賠償提訴
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP