体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZTEがAndroid搭載モバイルプロジェクターと2機種のSIMフリースマートフォンを発表

ZTEがAndroid搭載モバイルプロジェクターと2機種のSIMフリースマートフォンを発表

ZTEジャパンは11月11日に新製品発表会を開催。ソフトバンクから11月13日に発売されるAndroid搭載のモバイルプロジェクター『モバイルシアター』と、11月下旬以降に順次発売されるSIMロックフリーのAndroidスマートフォン2機種を発表しました。

zte2

『モバイルシアター』は、ソフトバンクが5月の発表会で9月以降に発売すると発表していた製品。実際の発売は11月13日になりました。

参考記事:
タブレット×プロジェクター×ルーター×モバイルバッテリー!? ソフトバンクがLTE対応のAndroid搭載モバイルプロジェクターを9月以降発売へ
http://getnews.jp/archives/964617

zte3

OSにAndroid 4.4.4、2.0GHzのクアッドコアCPU、5インチのHDディスプレーとスピーカーを搭載。『SoftBank 4G LTE』『SoftBank 4G』の通信に対応し、テザリングも可能なことから、LTEタブレット、モバイルWi-Fiルーターのように利用することもできます。『Google Play』に対応し、アプリをインストールして使用可能。バッテリー容量は6300mAhで、本体をモバイルバッテリーとしても利用できるという、1台何役もこなせるプロジェクターです。

zte4 zte5

ホーム画面にプロジェクターをON/OFFするウィジェットがある点がユニークですが、『Netflix』で映画を見たりGoogleアプリを利用するタブレットとして使用が可能。

zte6

明るさ最大150ルーメン、最大120インチのサイズで投影が可能。投影時間は約3時間。会場では映画『トランスポーター イグニッション』の映像を投影するデモが披露されました。

zte7

16GBの内蔵メモリーのほか、最大64GBのmicroSDXCカードに保存したコンテンツを再生可能。HDMI、USBの有線やBluetooth、Miracastによる無線でキーボードやマウス、スマートフォンなど外部機器に接続して連携できます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会