ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自動美化は止められない! 昔好きだった人との再会の落とし穴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSの普及により、昔の友人と再会することが簡単になってきた昨今。
学生時代に好きだった男性と再会することもあるのではないでしょうか。
過去に好きだった人との再会は、恋愛関係への発展を期待させます。
しかし、気持ちが高まれば高まるほど、学生時代に好きだった相手との再会は危険になるのです。

見た目の変化に大ダメージを受ける可能性も

過去の恋愛は美化されて残るもの。久しぶりの再会では、当時好きだった彼がそのままの姿で現れるのだと、期待に胸がふくらむことでしょう。
しかし、年を重ねることで人も変わります。
実際は老けて太っていたり髪が薄くなっていたり、何だかダサくなっていて衝撃を受けることも。
美化したまま彼との再会を果たすと、いきなり大ダメージを受ける可能性があるのです。

「俺、すごくなっただろ?」アピールに疲れる

長い間会っていないと、お互いがどのような人生を歩んでいたのか気になるところ。
とくに男性は、久しぶりに会う女性には変わった自分を褒めてもらいたいと思っています。
そのため、通っていた大学や勤めている企業、はたまた、高級思考な生活の様子などを自慢気に語る男性もいるのです。
そんな彼の「俺、すごくなっただろ?」アピールに疲れ、気持ちが一気に冷めてしまう場合もあります。

タイプの変化から後悔が生まれる

学生時代は、スポーツ万能の人気者タイプが好きだったという女性も多いのではないでしょうか。
とはいえ、それは学生時代の話であり、いまと昔では好きな男性のタイプも変わります。
現在も「結婚するならスポーツ万能の人気者タイプがいい!」という女性はいないでしょう。
そのようなタイプの変化もあり、久しぶりの再会では「あれ? 何で彼のことが好きだったんだっけ?」と疑問が浮かぶことも。
思い出のままで残しておけばよかった……と後悔することになるかもしれません。

大きな期待が理想を崩す原因に

学生時代に好きだった男性との再会が、必ずしも危険というわけではありません。
実際、久しぶりの再会をきっかけに再び恋愛関係に戻る人もいます。
ただ、期待をもちすぎて再会すると、理想が一気に崩れてしまう可能性もあります。
再会は、気持ちの高まりを抑えることができてからにしましょう。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
恋愛ホルモン「オキシトシン」はダイエットにも効果があることが判明
男性の「つきあってどれくらいで結婚したい?」にドキドキさせる返答
再婚で幸せをつかんだ私が思う、結婚前にしておいたほうがいいこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP