ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

梅雨どきに映えるカラーのファッションをして、ウツウツ気分を吹き飛ばそう!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
110621ajisai.jpg

グレイの梅雨空の時期、どんな服をまとうとよいか、色で自分を飾る「ドレスセラピー」をしましょ!
「ドレスセラピー」とは「身につけるものを変えることで運氣を上げる」セラピーのこと。普段身につけている洋服をはじめ、バッグ、靴、アクセサリーなど、肌に触れるもの全てがこのセラピーの重要アイテムになります。
実は、身につけるものは思っている以上に大きなパワーを持っているんですよ。
6月は、ジメジメした湿度の高い季節です。「カラダの調子がなんとなくすぐれない~」という時、ドレスセラピーで乗り切るヒントをお伝えしたいと思います。
 

★ポイント1
黒、グレイを避ける
グレイの空でハッキリしない時こそ、色のパワーを入れましょう。

★ポイント2
虹色を取り入れる
1番良いのは虹色を意識することですが、虹色を普段着として洋服に取り入れるのは難易度が高いですよね。虹色のスカーフや虹色の下着など、小さな面積からまとうのがグッド! 意外と色合わせしやすく、ファッショナブルにまとまりますよ。

ひとつカラーセラピーのアドバイスをしますと、旬のお花をお手本カラーにすると良いです。
梅雨の6月は、アジサイが雨の日でも色とりどりに美しく咲いて楽しませてくれます。アジサイは7色に変化するお花。7という数字は奇跡を呼ぶ数で、強い数でもあります。世界七不思議、七福神、音の7音階、1週間は7日。そして人は亡くなると初七日、四十九日と7に関係します。季節のお花の色をお手本にしたり、虹の7色を取り入れる事で生活も楽しくなってきます。
グレーな空だからこそ、色のあるハッピーライフを!
(池本紫)


(マイスピ)記事関連リンク
黒い服をやめる! ファッションで幸運を呼ぶ『願いをかなえるドレスセラピー』
首に巻くだけでヒンヤリ! 節電に大活躍しそうな「アイスクールスカーフ」
感じるカラダをつくるランジェリー選び(ショーツ編)[感じるエロスピ]

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。