ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

angela、ニューシングル「DEAD OR ALIVE」発売当日にスペシャルサイン会を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

angelaの通算25枚目となるニューシングル「DEAD OR ALIVE」が、11月11日に発売となった。発売当日に東京・タワーレコード新宿にてスペシャルサイン会が行われ、平日にも関わらず店内には大勢のファンが列を成し、思い思いにニューシングルの発売を祝した。

シングル「DEAD OR ALIVE」は、TVアニメ「蒼穹のファフナーEXODUS」の主題歌。波乱に満ちた展開で視聴者の心を掴み続ける「蒼穹のファフナー」シリーズを総括する一曲ともいえ、楽曲後半部の間奏では過去のファフナーソングのモチーフが散りばめられている。

2形態でのリリースとなり、Blu-ray付き限定生産盤には表題曲「DEAD OR ALIVE」のミュージッククリップが収録され、アニメ盤には描き下ろしアニメイラストジャケット仕様で初回プレス分のみクリアケース仕様&ファフナー名シーンカードランダムでが封入されている。

サイン会では、どの名シーンカードが封入されていたか、どのキャラクターが好きかなど、ファフナーに関するトークも飛び出し、angelaは集まったファンとの交流を行った。ヴォーカルのatsukoは「平日ということもあって、仕事や学校の後に駆けつけてくださる方も多くて。たくさんの方とお話しできて楽しかったです」と語った。

シングル発売を記念したインストアイベントが、今週末にも関東・関西の2箇所にて開催される。今夏に香港・台湾といった海外公演を皮切りとした単独ライブツアーを終え、さらにアニソン界の一大イベント「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」の2日目公演では自身初のトリを務めたangela。結成当時は路上ライヴを中心に活動していたangela自身にとっても、原点回帰のイベントとなりそうだ。

さらに、今年末の12月28日、29日の2日間に渡り、東京国際フォーラムにて「angelaのミュージック・ワンダー★大サーカス 2015」も開催。こちらは自身初の2daysでの公演となる。

リリース情報
シングル「DEAD OR ALIVE」
2015年11月11日(水)発売

【初回限定盤】KICM-93304 1,800円+税
「DEAD OR ALIVE」Music clip収録Blu-ray付き/クリアケース仕様

【アニメ盤】KICM-3304 1,200円+税
TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」描き下ろしアニメイラストジャケット
初回プレスのみクリアケース仕様&名シーンカード封入(全5種のうちランダム1枚)

<収録内容> ※初回限定盤、アニメ盤共通
M1. DEAD OR ALIVE(TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」第2クールオープニング主題歌)
M2. ホライズン(TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」第2クールエンディング主題歌)
M3. DEAD OR ALIVE off vocal version
M4. ホライズン off vocal version

イベント情報
復活!angelaの原点!最初で最後の!?路上ライヴやります!!
「DEAD OR ALIVE」発売記念 路上ライヴ&サイン会 In けやきひろば
2015年11月14日(土)15:00~ さいたまスーパーアリーナ けやきひろば・1階プラザ2
ミニライブ(観覧フリー)&サイン会

復活!angelaの原点!最初で最後の!?路上ライヴやります!!
「DEAD OR ALIVE」発売記念 路上ライヴ&サイン会 In 阪急西宮ガーデンズ
2015年11月15日(日)17:00~ 阪急西宮ガーデンズ 4F スカイガーデン・木の葉ステージ
ミニライブ(観覧フリー)&サイン会
※各イベントの参加方法ほか詳細は公式サイトをご確認ください

ライブ情報
angelaの「ミュージック・ワンダー★大サーカス2015~10th Anniversary~」
2015年12月28日(月)・29日(火)国際フォーラム・ホールC 開場 17:00 / 開演 18:00

(C)XEBEC・FAFNER EXODUS PROJECT

関連リンク

■angela HPhttp://www.starchild.co.jp/artist/angela/
■angela YouTubeオフィシャルチャンネルhttp://www.youtube.com/user/angelaOfficialCh

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP