体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界遺産と遺跡の宝庫!カンボジア旅行おすすめ観光スポット20

Photo credit: Asami Yamada 「【ラピュタの世界ベンメリア遺跡】カンボジアでトゥクトゥクチャーター1人旅」

Photo credit: Asami Yamada 「【ラピュタの世界ベンメリア遺跡】カンボジアでトゥクトゥクチャーター1人旅」

TRiPORTライターのkomiです。
遺跡といえば思い出すのがカンボジアではないでしょうか? 歴史を感じることのできる遺跡を訪れるのは旅ならではですよね。今回はタイムスリップしたような感覚を味わえる遺跡と、カンボジアで暮らす人々の生活に触れることのできるお楽しみスポットをご紹介します。
カンボジアを旅した際には、ぜひ足を運んでみてください! 

カンボジアについて

カンボジア王国、通称カンボジアは人口1,315万人、国土は18,1万平方キロメートルで日本の約2分の1弱の大きさです。首都プノンペンは政治・経済・文化の中心地であり、カンボジア随一の大都市でもあります。一年を通して日本の夏と同じ服装で過ごすことができ、乾季である11月~5月が雨も少なく、旅行にはベストシーズンです。

カンボジア観光マップ

Photo credit: By The original uploader was SEKIUCHI at Japanese Wikipedia via Wikimedia Commons

Photo credit: By The original uploader was SEKIUCHI at Japanese Wikipedia via Wikimedia Commons

カンボジアの魅力

世界遺産のアンコールワットをはじめとする多くの遺跡やユネスコの世界無形文化遺産にも登録されているクメールダンスにはインドシナ半島に位置するカンボジアの伝統文化が息づいています。歴史を感じながら遺跡から見る風景は格別です。

カンボジアの観光名所

1. アンコールワット/Angkor Wat

Photo crdit: Hiroto Matsumura 「カンボジア アンコールワットと3都市巡りの4日間」

Photo crdit: Hiroto Matsumura 「カンボジア アンコールワットと3都市巡りの4日間」

ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されているアンコール遺跡の一つであり、遺跡群でもっとも有名なヒンドゥー教建築寺院。ヒンドゥー教の神々や古代インドの英雄譚などが廊下や壁などに美しい彫刻で彫り込まれ、クメール建築の最高傑作とも言われています。

朝早起きして、AM5:00すぎアンコール・ワットに到着。
頑張って起きる価値あり!
この幻想的な光景は、さすがの世界遺産。もうすっごい感動した
出典:「カンボジア旅~キリング・フィールドと地雷博物館~」Miho Hoshino|ーcompathy

基本情報
住所:Siem Reap, Cambodia
入場時間:5:30~17:30
休日:無し
入場料:(共通券)1日有効入場券US$20、3日間有効入場券US$40、7日間有効入場券US$60

2.アンコールトム/Angkor Thom

Photo crdit: shinsuke hatakeyama 「短期間のアンコール遺跡群鑑賞」

Photo crdit: shinsuke hatakeyama 「短期間のアンコール遺跡群鑑賞」

アンコール遺跡の一つであり、3メートルの堀と8メートルの高さの城壁で囲まれた城砦都市遺跡。アンコールワットの北側に位置し、観音菩薩の巨大な顔が彫られた5つの城門で外部とつながっています。49もの塔がそびえるバイヨン寺院があったりと見所たっぷりです。

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。