ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【検証】ポストイットのデータを瞬時にデータ化→会議がはかどる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「便利なお仕事アプリがある」と知人から聞き、実際に使用して、その利便性を実感したものがある。仕事の手間をラクにする、「Post-it® Plus」だ。普段ビジネスシーンでポストイットを使用する機会のある人や、名刺の収納、整理に困っているビジネスマンにおすすめしたいサービスである。

会議で使った大量のポストイット。どう処理する?

会議で、「ポストイット1枚につき1案」というルールのもとにアイデア出しをするとき、「まずは数!」ということで、おのおのフラッシュアイデアをいくつも出していく。たとえば、1人あたり10枚書いたとして、5人が会議に参加すれば合計50枚のアイデアになる。

50ものアイデアが出れば、課題の解決策がなにかしら見つかるかもしれないが、ここでさらに新たな問題が発生する。大量のアイデアを精査し、まとめなくてはならないが、それらをどのようにして整理し、そしてどう保存・共有・報告すればいいのか、だ。手書きであれ、PC入力であれ、記録し直すとなると、それもまた手間がかかる。かといって、写真を撮影し、それらを後から共有したとしても、正直見づらい。

手間のかかる入力作業をショートカット!

今回紹介する無料アプリ「Post-it® Plus 」は、複数のポストイットや名刺を、なんと1枚ずつデジタルデータ化して整理・保管できる。さらに、読み取ったデータはパワーポイント、エクセル、PDF、画像ファイルなどさまざまなフォーマットに変換&出力できる。

というわけで、筆者もさっそく使ってみた。

1.まずは対象のポストイットを撮影

壁に貼り付けられたポストイットを撮影。するとカメラが自動でポストイットを認識してくれる。

2.読み取ったデータをグループ分け&並び順を整頓

読み取った画像データはグループ分けができるので、いつ、なんのポストイットなのかを判別するのが容易になる。おまけに、整頓ボタンを押せば、ポストイットを奇麗に並べて見やすく表示してくれる。

3.読み取ったデータはズームして読み間違いを防ぐ

読み取ったデータは拡大できるので、しっかり文字を読み取ることができる。「読めそうで読めない・・・」といったトラブルも回避できそうだ。

ズバリこんなときに便利!

・研修でミーティングを行った際、アイデアを大量のポストイットにまとめたが、データを保存するのはひと苦労。

・本社ミーティングで話し合った内容を、支社のメンバーにも急ぎで共有したい。

・出会った多くの人の名刺データを、まとめてPC・スマホ内に保存しておきたい。

・サークルの会議で出しあった案を、各メンバーや休んだメンバーに共有したい。

今回紹介したポストイットのデータ収集アプリは、作業時間を思った以上に短縮してくれるとても優秀なツールで、筆者も大満足。このようなアプリやサービスを上手に利用し、無駄な作業はショートカット。情報やデータは即・共有し、スムーズに自分のものにしたい。これが、今どきの”デキる人”なのかもしれない。

関連リンク

Post-it® Plus(App Store)

関連記事リンク(外部サイト)

お薬は用法・用量を守って正しくお使いください
スマホアプリ、容量を食っているのは……?
スマホ用お手軽撮影ガジェットで、目指せスマホ映画のスマホ監督!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP