ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gacharic Spin、韓国ライヴが大成功&12月リリースDVDの全貌が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全力エンターテイメント凄腕ガールズバンドGacharic Spinが、8月に行われたサンフランシスコでの『J-POP SUMMIT 2015』ライヴに続き、韓国公演も大成功させた。

この日は9月30日にリリースしたアルバムのリード曲「MUSIC BATTLER」からスタートすると、続いて「More Power」とライブでの人気曲を演奏。そして、はな(Vo.&Drums)が韓国語で「みなさん今日はありがとう!私たちのアルバムが韓国でも発売されたので、聞いてくださいね!」と話すと会場からは大きな拍手が巻き起こった。なお、この日、はなはすべてのMCを韓国で披露した。また、「雪泣く〜setsunaku〜メロディー」は韓国語のスペシャルバージョンで披露され、観客全員がその声に聴き入っていた。

メンバー全員が光る手袋を着用し、息のあった振り付けで盛り上げる「夢喰いザメ」など、普段と変わらないパワフルなステージを魅せつけた彼女達。なんとアンコールで披露した「Lock On!!」も韓国語で歌い、幕を閉じた。

また、12月16日に発売される最新ライヴDVD『赤裸ライアーTOUR FINAL!!! 2015 ~渋谷公会堂~』の特典映像の内容も発表された。初回盤にはライヴのオフショット映像や、メジャー1stフルアルバム「MUSIC BATLLER」収録の「ファイナルなファンタジー」のMusic Videoなど、このDVDでしか見られない貴重な映像が多数収録されている。さらに、アマゾンでは限定のオリジナルステッカー特典が付くことも発表された。

12月には台湾でもライブが決定しているGacharic Spin。止まることなく全力で駆け続ける彼女たちの超攻撃的&ド派手な活躍に注目だ!

【セットリスト】
1.MUSIC BATTLER
2.More Power
-MC-
3.ガンバンバダンサー
4.ファイナルなファンタジー
5.雪泣く〜setsunaku〜メロディー
se
6.夢喰いザメ
-MC-
7.Don’t Let Me Down
8.夢言実行
9.ハンティングサマー
-MC-
10.赤裸ライアー
11.常識デストロイヤー
12.ダンガンビート
13.WINNER
EN1.Lock On!!
GS Gacha 2012

DVD『赤裸ライアー TOUR FINAL!!! 2015 ~渋谷公会堂~<可能な限り詰め込みました>』
2015年12月16日発売
VIZL-910/¥9,259+税
※初回生産限定盤(2DVD)
※BOX仕様・フォトブック付 
<収録内容>
■DISC-1
ライヴ本編コンプリート収録<全24曲>
1.Lock On!!
2.More Power
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.GS★PLANET
5.ハンティングサマー
6.Ben-Jan-Dan
7.ヌーディリズム
8.好きな人、だけど…
9.今を生きてる~2013年 春~
10.さよならチェリー
11.ルーレット
12.夢喰いザメ
13.JUICY BEATS
14.オトナ少女
15.僕だけのシンデレラ
16.溶けないCANDY
17.週末ファンタジー
18.赤裸ライアー
19.運命さえも変える言葉
20.ダンガンビート
21.宝物
22.Don’t Let Me Down
23.BROKEN LOVER
24.WINNER
■DISC-2
特典映像集
・オフショットType-A
・オフショットType-B
・TOMO-ZO / ファイナルなファンタジー(Music Video)
・パントマイム映像(オレオレオナ編)
・トレーラー

DVD『赤裸ライアーTOUR FINAL!!! 2015 ~渋谷公会堂~』
2015年12月16日発売
VIBL-788/¥3,704+税 
※通常盤(DVD)
<収録内容>
ライヴ本編選抜収録:全12曲
1.Lock On!!
2.More Power
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.好きな人、だけど…
5.夢喰いザメ
6.溶けないCANDY
7.赤裸ライアー
8.運命さえも変える言葉
9.ダンガンビート
10.Don’t Let Me Down
11.BROKEN LOVER
12.WINNER
■特典映像集
※スペシャル副音声(メンバー録り下し)
※オフショットType-C

『Gacharic Spin LIVE in Taipei』
12月19日 (土) THE WALL 公館
時間:OPEN 17:00 START 18:00

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP