ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

任天堂のスマートフォンゲームは今のところ全て基本プレイ無料(アイテム課金付き)らしい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

任天堂は DeNA とパートナーシップを締結してスマートフォン向けゲームを開発していますが、今リリースが予定されているタイトルは全て「基本プレイ無料」という販売方法の採用するつもりのようです。WSJ によると、DeNA の守安 社長が決算説明会の場でこのことを明らかにしたそうです。同氏は、2017 年春までにリリース予定の 5 タイトルでいずれも基本プレイは無料、アイテム課金を導入していることを明らかにしました。任天堂のゲームということで、一部ではアプリ自体が有料になるのでは?という予測もありましたが、Android ゲームでは一般的な基本プレイ無料の販売方法を採用しているようで、一安心といったところでしょうか。任天堂は 10 月 28 日に、同社初のスマートフォンアプリとして「Miitomo」を発表しました。しかし、これはコミュニケーションアプリといったもので、ゲームアプリではありませんでした。Source : WSJ

■関連記事
コヴィア、9,800円+税のAndroid 5.1スマートフォン「FLEAZ Neo」を発表
BlackBerryのAndroidスマートフォン第二弾“Vienna”の噂が浮上、リーク画像も公開
Samsung、初のカスタムCPUを採用した14nmの新SoC「Exynos 8890」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。