ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コヴィア、9,800円+税のAndroid 5.1スマートフォン「FLEAZ Neo」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

コヴィア・ネットワークスが Android 5.1 を搭載した画面サイズ 4 インチの小型 3G スマートフォン「FLEAZ NEO(CP-B43)」を発表しました。FLEAZ NEO は 12 月上旬に発売されます。価格は 9,800 円 + 税FLEAZ NEO は、3G WCDMA に対応したデュアル SIM スマートフォンで、コヴィアの SIM ロックフリースマートフォンブランド「FLEAZ」シリーズの中では最安モデルとなります。FLEAZ NEO の主要スペックは 4 インチ WVGA 解像度の IPS 液晶ディスプレイ、1.3GHz 駆動のクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に 500 万画素カメラ(AF 対応)、前面に 200 万画素カメラ、1,700mhA バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0 に対応しています。対応周波数は、WCDMA 800 / 2100MHz です。Source : コヴィア

■関連記事
BlackBerryのAndroidスマートフォン第二弾“Vienna”の噂が浮上、リーク画像も公開
Samsung、初のカスタムCPUを採用した14nmの新SoC「Exynos 8890」を正式発表
任天堂のスマートフォンゲームは今のところ全て基本プレイ無料(アイテム課金付き)らしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。