体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これを読むと、一刻も早く結婚したくなる!~マガジンハウス担当者の今推し本『きょうも箸袋でラブレター』

箸袋でラブレター

こんにちは、マガジンハウスです。皆さんは、コミュニケーションツールと聞いて、何を思い浮かべますか? 電話、メール、敢えて古風に手紙、という方もいらっしゃるでしょう。今回は、おそらく日本でも数人いないと思われる、‟箸袋”でコミュニケーションをとるご夫婦の、愛のメモリー本を紹介したいと思います。早速、著者の歌代子さんにお話を伺いましょう!

―――歌代子さん、初めまして。とってもお会いしたかったので、嬉しいです。

歌代子 「ありがとうございます!『きょうも箸袋でラブレター』は、マガジンハウスの担当の方とたくさん話をして、全精力を傾けて作りました。色々な意味で嬉しくて感動しています」

―――この本は、NHKのあの人気番組『サラメシ』に出られて、そのほんの数分の出演がきっかけでできたんですよね。ご主人に持たせるお弁当に、手製の箸袋を添えて、その箸袋にメッセージやイラストを描いたら、いつからかご主人(ケンジさん)も絵入りの返事を描いてくるようになった……。もうこれだけでキュンキュンします。

歌代子 「ケンジさんはお堅い公務員。結婚して一緒には住んでいるものの、真面目人間の典型的なタイプで、踏み込めなかった部分があったんです。疲れて帰宅後は入浴、夕食そしてうたた寝……ゆっくり会話をする時間もなかったなぁ」

―――それで、箸袋にメッセージを書くように?

歌代子 「はい。最初は小さなメモにメッセージを書いてお弁当に添えてました。箸をちょっといいものに買い替えた時に、紙の箸袋に入れようと思い、そこになんとなくイラストも描くようにしたんですよね」

―――では最初は一方通行のコミュニケーションだったんですね。

歌代子 「彼がどういう人かもわからなかったし、私は若い頃の恋愛では尽くし女(笑)、もし『面倒くさいことはやめて』って言われたら、すぐやめるつもりでした」

―――それがまさかの……。

歌代子 「ノッてきた(笑)。彼の帰宅後、箸袋に見慣れないイラストが描かれていたのを見つけた時は驚きました。すっごく堅いイメージのケンジさんが、こんなイラストを描くなんて! って」

―――そこから交換日記ならぬ交換箸袋が始まるわけですね。これ、箸袋もハンドメイドなんですよね。とても綺麗なので市販のものかと思いました。

歌代子 「エコしてるでしょ。折り紙の先生もしているので暇があれば袋作り。いつもはメモ紙や折り紙、手製の付箋なども持ち歩いています。紙を折っていれば退屈知らずです」

最近の更新3

と言いながら、サササッと紙を折り始める歌代子さん。じゃーん! なんと一枚の紙から、2匹のサルができました~。「来年の干支なんで、これからいっぱい折る機会がありそう」

―――これまでの‟箸袋ラブレター”は何枚ぐらいになるんですか?

歌代子 「この本で紹介したのはごく一部で、今は500枚ぐらいありますね」

―――そんなに! ざっと拝見してもわかるように、ダジャレの応酬が多いですよね(笑)。

歌代子 「今の若い方には寒いと思われても平気(笑)、私もケンジさんも世代的にダジャレ好き。ケンジさんのそんなところに気付けたのも、箸袋のおかげですね」

―――あと、「早く帰りたい」っていう内容が多いのも気になりました(笑)。

歌代子 「基本的に公務員は制約も多く、ストレスも溜まりやすいんでしようね。土曜日にホッとしたかと思えば、翌日曜日の次は月曜日なわけで……日曜日の午後にはすでにテンションが下がってますよ(苦笑)」

―――歌代子さんのいる家が、一番ホッとできる場なんですね。

歌代子 「今の住んでいるところがすごく気に入っているんです。ベランダからの景色をしばらく見ているとリフレッシュできるようだし。会社の帰りは駅から家まで帰ることに集中しているらしく、歩く姿は馬車馬のように一心不乱。ママ友が一度見かけたけど、声をかけるのに躊躇したとか(笑)。でも家に着いて玄関で『おかえりなさい!』という私を見ると、途端に顔がゆるんで笑顔になる」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy