ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年もまた、目黒川に咲き誇る「冬の桜イルミネーション」が開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜”が登場します。

バイオディーゼル燃料による
環境に優しいイルミネーション


街に対する愛着や誇りを持つキッカケとなることを願い始まった「目黒川みんなのイルミネーション」は、今年で6年目。地域の“絆”を育む、冬の風物詩となりつつあります。

その大きな特徴は、家庭や飲食店から集めた廃食油をリサイクルし、電力に活用するエネルギーの“地産地消”を実現していること。昨年は、全11ヶ所から約2,900リットルの廃食油を回収。会場に設置した発電機により全電力をまかなったのだそう。

会場となるのは、北品川五丁目第1地区の街びらきにより、新しい住民や働く人も増え、ますます発展し続けている街、大崎・五反田エリア。“ひと・企業・地域”が一体となることで鮮やかに体現されるこの取り組みは、都内で唯一の市民アクションによるイルミネーションとしても注目を集めています。

バイオディーゼル燃料による、100%自家発電のイルミネーション―。冬に咲き誇る桜の並木道を大切な人と歩いてみては?

【概要】
「目黒川みんなのイルミネーション2015」
・会場:品川区立五反田ふれあい水辺広場(東京都品川区東五反田2-9)および目黒川沿道
・アクセス:JR大崎駅より徒歩6分(品川区立五反田ふれあい水辺広場まで)
・点灯期間:2015年11月20日(金)~12月25日(金)
・点灯時間:17時~22時
・LED球数:213,200球
・入場料金:無料
・TEL:03-5330-7675
・サイトURL :http://www.minna-no-illumi.com/
・使用電球:LED
・使用電力:バイオディーゼル燃料による発電機を利用

Licensed material used with permission by 目黒川みんなのイルミネーション実行委員会

関連記事リンク(外部サイト)

ベトナムの「リング型の幼稚園」に、世界が注目する理由。
使われなくなった「鍵」が、命を吹き返した瞬間
蜷川実花が「道後温泉」とコラボ!これは見逃せない・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP