ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一年にたった1ヶ月だけの「氷の教会」で永遠の愛を誓う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合うのに、これほど寒くて幻想的なチャペルは他にないはず。でも、二人がアツアツならば大丈夫!

 すべてが氷で作られた
幻想的なアイスブルーの教会

ここは、道央に位置するトマム。厳しい冬の寒さはよく知られ、2001年には観測史上最も寒い、マイナス35.8度を記録するほど。この地に冬の間だけ現れる雪と氷の街があります。それが「星野リゾート トマム」内の“アイスビレッジ”。

極寒の環境を逆手にとって、純度が高く透明できめ細やかな氷を積み重ねた建物のなかに、まるで時間が止まったかのような静寂に包まれた「氷の教会」が姿を表します。それも、毎冬たった1ヶ月間のみ。
降り注ぐ太陽光、ライトアップされた光の反射を受けて、幻想的に青く輝く様子は「アイスブルー」と讃えられ、この時季、この場所でなければ叶えることができない、まさに感動のひととき。毎年、この教会で式を挙げることを心待ちにするカップルが、後を絶たない人気の理由にも納得がいくはず。だって、こんな夢のような空間、他にありますか?

静謐な透明の世界に
自然と心まで澄んできそう

雪と氷で作られているのはチャペルの建物だけではありません。祭壇から十字架、ヴァージンロードまですべてが凛とした透明の世界。ここなら、自然と純粋な気持ちになれそう。

太陽の光が、氷のドームに降り積もった雪を通してチャペル内に優しく降り注ぐデイタイム。氷のおりなす模様が最も美しく浮かび上がる瞬間です。

誓いの後は、ホットワインで乾杯。花嫁や参列者が凍えてしまわないよう、防寒具やコートの貸し出しもバッチリなんだとか。

さて、アイスビレッジには、この「氷の教会」をはじめトマムの寒さを堪能する施設が目白押し。たとえば、ベッドやソファすべてが氷でできた宿泊施設「氷のホテル」や、ひんやりカクテルが楽しめる「氷のバー」、さらにはビレッジの象徴「アイスリンク」まで。寒さを楽しむためにも、しっかり着込んで行きたいところ。

真冬の北海道で叶える「リゾートウエディング」の詳細はこちらから。ちなみにこの冬は、2016年1月9日〜2月14日(※氷の状態が良ければ延長あり)のオープンを予定しています。

Licensed material used with permission by 株式会社星野リゾート

関連記事リンク(外部サイト)

冒険家が偶然見つけた、アイスランドの秘境(画像13枚)
ボタンを押すだけで、3倍に!「小さいけど狭くない」キャンピングトレーラー
「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP