体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カナダの大都市、トロントは危険?海外に行く際に気をつけるべきこと

photo credit : Moyuru Matsuda「-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!」

Photo credit: Moyuru Matsuda「-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!

TRiPORTライターのkamito努です。

カナダのトロントは、国内でも有数の大都市です。地元の住民や多くの観光客で賑わっているので、安全な場所も多いですが、キケンな地域も潜んでいるようです。

カナダのトロントへ行く予定のある方、また海外の夜の過ごし方について不安がある場合は、安全な場所と、そうでない場所を見極めることが必要です。今回はトロントを例にとりながら、海外に行く際に気をつけるべきことを紹介します。

ホームレスに注意

寒さが厳しくなってきても、街中でホームレスを見かけることもあるでしょう。観光客だとお金を持っているだろうと近づいてくる可能性もあります。

これは、カナダでも大きな社会問題となっており、トロントだけではないようですが、特に観光客が多く訪れる大都市では気をつける必要があります。

男女かかわらずホームレスが多く、また、近づいてくるときにはホームレスだと気付かないくらい身なりがキレイで、気さくに話しかけてくるので十分注意しましょう。異変に気付いたら、すぐにその場から離れるようにしてください。

立ち入ってはいけない地域がある

photo credit: Tomoyo Hatanaka「アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅」

Photo credit: Tomoyo Hatanaka「アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅

日中は人通りも多く、観光客でも賑わっているので比較的安全なトロントですが、夜は人通りが少なくなり、ひとりで歩くのはキケンです。また、いくつかのダウンタウン地区や、ヤングストリートの一部など、危険だと認知されている場所があるので、そこへは日中も含め立ち寄らないようにしてください。

トロントでは、地下鉄のJane駅とFinch駅が交差する周辺は治安が悪いと、広く認識されているようです。男性でも危険が伴う可能性もあり、昼間に立ち寄るのも避けるべきだと言われています。これらの危険地区では、麻薬の売買などが行われいますが、黙認されているようです。

photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」

Photo credit: Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント
また、事前に滞在先の周辺情報を集めることも、海外旅行においては重要です。あからじめ公共交通機関などを確認しておきましょう。

留学などの場合は、学校から滞在先までの行き方をあらかじめ調べておき、危ない場所がないかどうか確認しておく必要があります。詳細がわからないときは、到着し次第、ホストファミリーや、学校の生徒などから情報を得ることが大切です。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy