ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘアのトレンド最前線!海外アーティストに人気“Baby Hair”の作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外トレンドの最前線になれるヘアスタイル“Baby Hair”とは

どんなヘアスタイルの状態でも、簡単に今期のトレンド最前線に持っていける、あのスタイルを紹介いたします!
それは、こちらの“産毛(Baby Hair)”のセットスタイル!
日本では、何て読んだらいいのか、呼び名すら分からず検索できなかった方もいるかもしれません。
今年、世界のハイブランドのショーのヘアスタイルもこのBaby Hair一色で、有名ハイファッション誌でも表紙を飾り衝撃を与えました。
また別のショーでは、ラフに作ったまさに今年流のアレンジを見ることができました。
白人、黒人の数々の有名アーティストも取り入れているスタイルです。

 

大きめカールがスタイリングのポイント!

このスタイルは、ブラックヘアの歴史では80年代後半から90年代前半に流行したスタイルの復活スタイル。
ブラックヘアではカールの細かさに合わせて、2~3センチでのカールを額の生え際に沿ってぴたっと馴染ませるスタイルが定番でしたが、アレンジしてオリジナルなスタイリングをするのも楽しみ方の一つでした。
今期のトレンドは、かなり大きめで緩めのカールのスタイリングがポイント!
かなりラフにアシンメトリーに作られたものも多くありますので、きっちり綺麗にできなくても十分おしゃれ気分を味わえます!
では、このスタイルは、どんなヘアスタイルに合わせるのがよいでしょうか?
Baby Hairのスタイリングに合わせる他の部分のスタイルの特徴は“ピッタリとしたスタイル”。
そうです。どんな地毛の状態でも、まず全体のヘアをとにかく結ぶこと。
ストレートヘアでもウエーブヘアでも襟足で1つに簡単に結ぶ、これでベースはOK!!
結んだ地毛はラフにお団子にしてもOK!
他には、コーンロウや2つ前のコラムでも紹介させていただいたKNOTと合わせるのも、ベストです。

 

意外に簡単にできる!セルフアレンジ“Baby Hair”の作り方

では、誰でも簡単にできる“Baby Hair”の作り方をご紹介します。
①額の中心部分の生え際から5mmくらいを残して全体を結ぶ。
※地毛が固くてストレートの場合は、残した部分をウエーブアイロンで巻いてカールをつけるとセットしやすくなります。
②カールをつけた部分に、ジェルまたはポマードを充分になじませる。
③コームでなじませたい方向に引きだし、上から指で額に押し付けるように馴染ませる。
※産毛が細くて細かい方は歯ブラシを使うとよいです。
④ウエーブを作りたい部分に、動かないように指をしっかり置き、その先のウエーブを作っていく。
ポイント1:しっかりと指で押さえていればその前に作ったウエーブが崩れません。
ポイント2:毛先は内巻きで終わらせるとよいです。
⑤最後に、全体にハードスプレーをかけて出来上がり!!
私もやってみました~!
ちょっと左右が違ってもOKです!
地毛が固くてウエーブが付きにくい場合は緩めになじませてもOK。なぜなら、ラッキーなことに、そんな抜け感のあるスタイリングが今期のトレンドだからです!
ファッションに気合が入らない日も、このテクニックで一気にオシャレ度UP間違いなしですよ~~!
ちょっといつもと違うオシャレがしたい日に、ぜひ一度お試しください!

MIKA JAMBO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP