ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5分もしないで毎朝のむくみを改善する顔ヨガ「ライオンの顔」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 31種類の顔ヨガポーズを収録した、日めくりカレンダー『日めくり まいにち、顔ヨガ!』が大好評の顔ヨガ講師・間々田佳子さんが、女性の顔に関するお悩みに答えます。

【お悩み】
「40才を過ぎた頃から、朝起きた時の顔のむくみが気になります。もともと冷え性で血行も良くないのですが、30代まではそれほど気になりませんでした。加齢によるものかもしれません。顔ヨガで改善できますか?」(40才・パート)

【間々田さんの解決法】
 体と同様に、顔の筋力も加齢とともに衰えて動かなくなり、血行やリンパの流れが滞ります。これがむくみの原因。でも大丈夫! 顔ヨガで顔の筋肉を動かして鍛えればむくみも改善できます。毎朝起きたら、「ライオンの顔」で1日をスタートしましょう。舌の先端まで意識して伸ばすと、末端まで血流が届きリンパの流れもスムーズに。

 私も友人との楽しい食事となると、時間を忘れて深夜になることがよくあります。翌朝はむくみ顔。そんな時は、顔ヨガしながら朝食作りや掃除をすると5分もしないうちにむくみがとれていきます。習慣化することがむくまない顔を作るのです。もうひとつ続けて欲しいのが「ムンクのマッサージ」。寝る前に1日の疲れやストレスによる顔の緊張をほぐし、老廃物を流します。翌朝の顔は睡眠前に決まります!

【ライオンの顔のやり方】
目を大きく開く。鼻から大きく息を吸い、「あっかんべー」で「ハァーーーッ」と吐き出しながら、舌を思いっきり下に伸ばす。体中の毒素やストレスをすべて出しきるイメージ。息を吐ききったらリラックス。

撮影■浦川一憲

※女性セブン2015年11月26日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
同窓会に備える顔ヨガ 事前頬上げと直前デトックスで若返り
若返りを図る「顔ヨガ」 早ければやった翌日に効果発揮も
小顔や美肌など相乗効果でやすい顔ヨガ 人間関係にもプラス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP